HOME > 最新NEWS

最新NEWS

  • 2014.11.25 海外情報
  • 【台湾産後ケアレポート第8弾 アップしました。】

    台湾のママも日本のママもカフェは大好き。楽しく遊ぶ子どもを横目に、ママがゆっくりランチできる親子カフェはとてもありがたい存在です。
    今回は高澤レポータお薦めの人気カフェ3件をご紹介します。
    詳細はこちら。

  • 2014.11.10 海外情報
  • 【 旅するお産婆~みみこの赤道一周物語Vol.8バングラディッシュ編アップしました。】

    今回は、インドの北東にある小さな国、バングラディッシュです。

    今回もみみこさんはバングラディッシュの人に歓迎され、お産の実態を突撃レポート!
    お産婆さんによる伝統的なお出産が今も続いているんです。

    詳細はこちら。

  • 2014.10.31 お知らせ
  • 【ママのための「ボディメイク」ピラティス お申込み受付中!】

    ママセミ定番のピエラティスワークショップ。
    自由が丘の杉の木が香るオーガニックなヒーリングスタジオで
    ピラティスレッスンいたしませんか!

    詳細や応募についてはこちらをご覧ください。

  • 2014.10.28 お知らせ
  • 【東京第5期産後ケアリスト認定講座お申込み受付中!】

    第5期は1日集中コースです。
    遠方からの参加をご希望の方、お仕事のお休みがとりにくい方にお勧めです。

    「子ども・子育て支援新制度」が、早ければ来年4月に本格スタートし、
    今後産後ケアリストが必要とされる場がどんどん多くなっていきます。
    新制度に向けて、ママ達を支援することをお考えの方、この機会に是非ご受講下さい。
    ママたちが気軽に産後ケアを利用するには、地域により多くの産後ケアリストが必要です!

    ◆日時: 2014.11.22(土) 10:00〜16:45
    ◆会場: 中小企業会館 東京都中央区銀座2-10-18 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11出口徒歩1分
    ◆定員: 20名(最低遂行人数3名)

    お申込み、詳細はこちら。

  • 2014.10.17 お知らせ
  • 【参加者募集! 学んで、リフレッシュして、つながろう!アート&産後セミナー 秋の房総日帰りツアー 】

    バスの中ではママのために産後セミナー、お子様が楽しめるお話&手遊びタイム。
    房総に着いたらアート、イート、アウトレットの三拍子!
    学んで、リフレッシュして、仲間とつながる旅にでかけませんか?
    産後ケアリストも同行する安心のツアーです。

    主催:日本財団 ママの笑顔を増やすプロジェクト
    企画協力:日本産後ケア協会
    協力:東京おもちゃ美術館
    販売:株式会社H.I.S.

    詳細や応募についてはこちらをご覧ください。

  • 2014.10.16 お知らせ
  • 【毎日新聞(10.15)日本産後ケア協会が紹介されました】

    産後ケアの現状を探る特集記事の中で、協会の活動が紹介されました。

    このHP上にある3点のサービスについての記事が掲載されています。
    ・全国産後ケア施設一覧 http://sango-care.jp/house.html#house_list
    ・産後ケアリスト認定講座 http://sango-care.jp/school.html
    ・産後ママ専用の無料電話相談 http://sango-care.jp/tel.html

    日本産後ケア協会は設立以来、すべての女性に産後ケアを届けることをミッションに掲げ、様々なサービスを展開してきました。
    特に産後ケア施設に対する思いは深く、多くの女性が利用できることを願っています。


    DSC_0589 毎日新聞 携帯 DSC_0590 携帯 

  • 2014.10.8 お知らせ
  • 【 旅するお産婆~みみこの赤道一周物語Vol.7西アフリカアップしました。】

    今回は西アフリカのママをレポート。
    西アフリカの女性のくびれは赤ちゃんを腰におんぶして家事をした賜物なんです!

    詳細はこちら。

  • 2014.10.7 お知らせ
  • 【東京第4期 産後ケアリスト認定講座が9月12日@代々木にて開催されました。】

    今回は遠方の方や続けてお休みの取りにくい方々にお勧めの1日集中コース。

    大分、佐賀、香川など関東圏外からも多数ご参加いただきました。
    一番遠くはアメリカから!

    自治体で子育て支援をしている方や助産師、産後院でお仕事されている方、地域の中でママ達を支える活動をしている方、これからしようとしている方の熱い思いがあふれる講座となりました。

    1日集中コース恒例のランチタイムは大坪先生を囲み、講義の質問、将来の夢、現場からの声などを語り合いました。
    和やかな雰囲気の中にも刺激がいっぱいです。

    今回の受講生にどのような方々を対象に産後ケアリストとして活躍したいかを伺ってみました。

    ・社会とつながることが困難である、社会とつながることが怖いなど周囲との関わりが少ない方に働きかけることができる立場でありたい。(東京 ママサークル所属)

    ・地域に在住する妊娠中のご家族、出産を望むご夫婦、育児中のご家族、次世代(中・高生)に向けての生と性を伝える事業を地域資源と協働しながら進めて行きたい。(埼玉県 自治体子育て支援課勤務)

    ・アメリカは産後ケアというものが無く、在米の新米ママは産後の手助けを日本に住む親に来てもらわなければならない。このような人を対象にケアリストとして活躍したい。 (アメリカ 水泳インストラクター)

    ・出産後1年間はご自宅に出張しアロマトリートメントやリフレクソロジーを提供し、孤立しやすいママの悩みを聞き受容し励まし、笑顔をで子育てできるよう支援したい。ママが疲れたときにちょっとサロンに来てリラックス、リフレッシュできるよう託児スペース付きのサロンにしようと思っている。(香川県 オーナーセラピスト)

    ・仕事が多忙で子育て参加する時間がない夫や遠方で手伝ってもらうことのできない両親を持つサポートの少ない産後ママに対して体調を整え、精神的にも余裕を持って目の前の子供に対してその子の持って生まれた性格や力を伸ばしてあげらるような働きかけをしたい。(愛知県 助産師)

    DSC_0571  DSC_0573

    次回は今年最後の認定講座です。
    日時:11月22日(土)10:00-16:45 1日集中コース
    場所:銀座中小企業会館
    お申込み、詳細はこちら。

  • 2014.9.29 お知らせ
  •  

    【日本産後ケア協会 ✖ 寺田倉庫minikura】
    9月29日より新たなサービスがスタートです。

    「あぁ、捨てられない・・・」
    「でも赤ちゃんの荷物は増えるばかり」

    わかります、わかります、こんな産後ママの悩み。
    なかなか捨てられない思い入れのある赤ちゃんのお洋服や初めて書いたラクガキ、おもちゃ、そして絵本の数々。

    そこで!
    箱であずかる収納サービス寺田倉庫minikuraと日本産後ケア協会とががっつり手を組んで新たなサービスを実現。

    「今は使わないもの」「捨てられないもの」を宅急便で預けてスッキリ!お部屋もスッキリ!
    しかも専用Webページで預けたものを写真で一括管理できたり、
    いらなくなったものはヤフオクで出品できるなど、至れり尽くせりのサービスです。

    ただいまコラボ特典として専用ボックス最大3点プレゼント(最大750円分サービス)実施中。

    詳細は協会トップページ右下にあるロゴマークをクリック。

    http://sango-care.jp/index.html

    「産後ママのカユいところにまで手の届くサービス」は日本産後ケア協会が最も得意とするところ

    「衣替えでもあるこの季節、協会HPへGo!。