最新NEWS

【産後ケアリストの必要性と活躍の場.6】〜育児と仕事の両立を選ぶ女性の増加〜

以前にも触れたとおり、就業率の上昇、特に会社に雇用された労働者が増加しています。

女性も、育児と仕事の両立を選ぶ人が増加しています。

 

15歳から64歳の女性の就業率は、2013年4月に62.5%となり、過去最高を更新しました。

総務省統計局の就業構造基本調査によると、育児をしている女性のうち、有職者の割合は52.3%(2012年時点)となっています。

また、子どもの年齢が高くなるにつれ、働く母親が増加傾向にあります。

末っ子が小学校1年生になると、約70%の母親が働いています。

 

仕事を続けたいと意欲的に希望する女性がいる一方で、所得の減少により、仕事を続けざるを得ない人も増えています。

仕事中から保育園入園時期や仕事復帰時期を検討し、入所できる保育施設を探さなければいけない状況に悩んでいる母親は少なくありません。

一昔前に比べて、会社に雇用される母親が増えていることが原因の一つである、といえるでしょう。

 

近年、子育てをめぐる社会問題として報道などでも取り上げられることの多い問題ですので、このような問題があることは多くの方がご存知でもあり、また様々な意見をお持ちのことだと思います。

産後ケアリストは、こうした問題に対して、自分の経験や思い込みで、母親に対して「こうするべき」と意見を押し付けることのないよう、十分に注意する必要があります。

 

母親に対する「ケア」はどうすればよいのか。母親との「コミュニケーションの仕方やコツ」については、産後ケアリスト認定講座の中で詳しく学んでいきます。

 

 

<12月以降の産後ケアリスト®認定講座スケジュール>

■産後ケアリスト®2級認定講座

12/16(土) 10:00~16:00 名古屋駅前校

1/13(日) 10:00~16:00 協会赤坂見附校

1/27(土) 10:00~16:00 協会大阪校

2/4(日) 10:00~16:00 協会赤坂見附校

3/4(日) 10:00~16:00 名古屋駅前校

3/11(土) 10:00~16:00 協会赤坂見附校

 

 

※1日4時間の入門編

・産後ケアと産後ケアリスト

・産後ケアリストの必要性と活躍の場

・ママサポートと育児に関連した社会の状況

・産後ケアリストの業務に実例

・コミュニケーション学(基本編)

 

受講料(消費税込み)

47,520円(受講料、テキスト代、認定試験料含む)

 

※認定試験合格された方は、24,840円(内訳:認定料8,640円 協会入会金5,400円年会費10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

 

■産後ケアリスト®1級認定講座

1/13(土) 10:00〜17:00 協会大阪校

1/14(日) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

1/27(土)10:00〜17:00 協会赤坂見附校

 

※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編

・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

 

受講料(消費税込み)

205,200円(受講料、テキスト代、認定試験料含む)

 

※認定試験合格された方は、16,200円(内訳:認定料16,200円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。(年会費のお支払がお済みでない方は年会費10,800円も必要)

 

■お申込み

お電話03-6272-3542(11〜17時・土日祝日を除く)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

 

カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。

http://sango-care.jp/lectures/

 

★☆産後ケアリスト®認定講座eラーニング(通信講座)がスタートしました!★☆

育児中で毎週講座に通うのが難しい方、遠方で講座に通えない方、移動中など隙間の時間を利用して学びたい方etc.…に最適!

詳しくはこちらをご覧ください!→http://sango-care.jp/about-e-learning/

PAGE TOP