HOME > 海外産後ケア情報

海外産後ケア情報

産後ケア先進国であるアメリカ、ヨーロッパ、韓国などの
国々に現地調査員を置き、強力なワールドネットワークで
海外情報を収集し最新の海外産後ケア情報や子育て情報を
積極的に配信していきます。

アメリカ西海岸産後ケアレポート 村田友紀からの現地報告7

皆さんお元気ですか?
日本の皆さまも夏休みですね。


こちらは6月半ばから夏休みが始まっています。
うちの息子はサマースクールに通っているので休み無しです。

6月17日で日系の幼稚園を退園しモンテッソーリ教育の幼稚園に転校しました。
彼は昨年5月に日本で3歳半検診を受けた際、発達の遅れありと言われ、ちょうど予約も取れたのでK式発達診断を受けて来ました。
以前から他の子と違うなぁ。
と思う部分が多かったのですが、周りからは「大丈夫!活発なだけだよ。」なんて言われていました。
やはり私の予感は的中で知的障害はないけれどマイルドな自閉症の可能性ありと告げられ、これからどうなるんだろう?と考えながらアメリカに戻ってきました。

こちらでは2歳までなら無料でスピーチセラピーなどかなり手厚い援助が受けられるのですが、息子は3歳半。
実費となるととても高いし保険でカバーするかもわからない。
しかも第1言語は日本語なのでどうしよう。と困っていたら幼稚園の先生に、日本語のスピーチセラピストがいらっしゃると紹介して頂きました。
1年間日本語でセラピーを受けて言葉も随分増えました。
しかし日系の幼稚園だとお絵かきや工作など皆で同じことをしないといけない。
というのが息子にはとても苦痛だったようです。

日系幼稚園だとお行儀も良くなるし丁寧に教えてくださるので良かったのですがセラピーの先生に勧められモンテッソーリ教育の幼稚園に転校しました。
初めの2、3日は知らないお友達ばかりなので嫌がっていましたがすぐに慣れ毎日楽しんで登園しています。息子の行動もとても落ち着き転校させて大正解でした。
ここの学校はバイリンガル教育なので息子にとって良かったと思います。キンダーガーテンが始まると英語オンリーになります。今はできるだけ長く日本語に触れていてほしいと考えています。

因みにお値段ですが月に$955!!
日本円で10万くらいですかね。
アメリカは保育園制度が無いので必然的に私立保育園しか選択肢が無いんですよ。
高いでしょ。でもこれでも安いほうらしいですが。。。
2歳になる次男も待機していますので2人通わせると$2000!!!

パパに頑張って働いてもらうしかありません。

今週の土曜日は以前通っていたプリスクールのメンバーで集まり大規模なプールパーティを開催します。食べ物は持ち寄りになるのでどんな物が食べられるかとても楽しみです!またリポートさせて頂きます。

皆さま水の事故には十分気をつけて楽しい夏をお過ごし下さいね!


西海岸8月2  西海岸8月1

Yuki Murata
一般社団法人日本産後ケア協会
アメリカ西海岸調査員村田友紀


1 / 4812345...102030...最後 »