協会とは

日本産後ケア協会について

理念

お母さんが幸せだと、家族みんなが幸せになる

出産後はとかく赤ちゃんだけのケアに目がいきがち。
しかし、子育てにたいへんな母親の幸せも追及しなければ、家族は幸せにはなれない。

産後の女性の心とからだをサポートする産後ケアという概念を普及させることにより、母親の負担を軽減し、
日本の家族の満足度を向上させ、社会全体のしあわせ指数を向上させます。

MISSION実現したいこと

「産後ケア」の重要性をひとりでも多くの人に認知してもらうことより、
出産後の女性のライフスタイルに新たに「産後ケア」の概念を組み入れ、
日本における少子化対策、地域の子育て支援、虐待防止に貢献する。

妊娠中の女性にさまざまなケアが必要なことはすでによく知られています。
しかし出産「後」の子育てに忙しいお母さんの心とからだに「ケア」が必要だということは、
あまり知られてきませんでした。

また、核家族化が進行し、地域との関係も希薄になり、身近に相談できる相手がいなかったり、
子供に接する機会のないまま母親になってしまう女性の増加など、
家庭や地域の「子育て力」の低下が懸念されています。

こうした状況の中、産後のお母さんと子どもを中心とした
専門職による包括的な育児支援が強く望まれています。

これらのニーズに応えるため、「産後ケア」という概念の普及、
またそれを促進するための専門職「産後ケアリスト」の育成、
産後の母子をケアする「産後ケアセンター」の促進などに取り組むことにより、
日本における少子化対策、地域の子育て支援、虐待防止に貢献することを目的に設立しました。

ISSUE取り組む課題

1

産後ケアにおけるさまざまな制度やサービスを利用することにより、特に母親のストレスを軽減し、より楽しく有意義な子育てができる家庭を増やす。

2

赤ちゃんの世話がたいへんな時には、第三者に頼っていいんだ!という考え方を日本に普及し、悩める女性が子育てに幸福を感じられる世界を創り出す。

3

出産「後」の母親と赤ちゃんにとって、ケアだけではなく母子を取り巻く快適な環境創りも目指す。

4

産後ケアセンターを、地域の子育て支援資源と繋ぐ役割を持たせ、利用者が地域での暮らしに帰っていく際の橋渡しの機能を持たせる。

5

産後ケアリストとして、特に出産・子育てを終えた女性が経験を活かして活躍できる場を創出し、仕事を通して前向きに生きる女性を増やす。

6

産後ケアリストのサービスを利用した女性が子育てを終えたのち、将来自分が「産後ケアリスト」として活躍できる相互助け合いの循環型子育て環境を実現する。

代表メッセージ

出産を終えた女性が
産後ライフを自由にデザインできる社会の実現をめざして

この言葉は私が協会を立ち上げた時から伝え続けているメッセージです。
日本の子育て環境改善のための課題は山積しており、
特に出産後の女性はさまざまな悩みやストレスを抱えているのが現状です。

ここには私たちが、できること、やるべきことがたくさんあります。
頑張り過ぎる産後ママの「困っていること・悩んでいること・やりたくないこと」は、
「人に任せる・頼る・サービスを受けられる社会の実現」をめざすため、
産後ケアの力を信じ、個人、団体、企業、行政のみなさまと力を合わせて、
家族、地域、社会、そして日本の課題解決に積極的に取り組んでいきます。

非営利型一般社団法人
日本産後ケア協会
代表理事 大久保ともみ

協会概要

団体名 非営利型一般社団法人日本産後ケア協会 Japan Postnatal Care Association (JPCA)
設立 2013年3月5日(産後ケアの日)に設立
事業内容
  • 1.産後ケア、産後ケアリスト、産後の母子をケアする施設、育児に関する総括的な調査研究、情報収集及び情報提供
  • 2.産後ケア、産後ケアリスト、産後の母子をケアする施設に係る普及啓蒙活動
  • 3.産後の母子のための快適な環境創りに関する総括的な調査研究、情報収集及び情報提供
  • 4.産後の母子のための快適な環境創りに係る普及啓蒙活動
  • 5.出産の「後」に特化したヘルスケアプログラム及び快適環境プログラムの研究開発
  • 6.産後ケアリスト等の人材育成及び資格認定事業
  • 7.海外の産後ケアの紹介、情報提供
  • 8.セミナー・シンポジウムの開催
  • 9.会報、出版物及び教材の発行
  • 10.行政・法人との連携及び協力の推進
  • 11.その他目的を達成するために必要な事業
理事 代表理事   大久保ともみ
理事   長坂有浩

理事   日原行隆

監事   岩川辰也
顧問 和田勝
    国際医療福祉大学大学院教授
  順天堂大学客員教授  元厚生労働省大臣官房審議官

池下育子    いけした女性クリニック銀座 院長
大坪三保子

    たらちね助産院 院長  看護師・助産師
  世田谷子育て支援グループアミーゴ
所在地 協会本部・事務局

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル3F
メールアドレス jimukyoku@sango-care.jp
Main office Main office
〒102-0094東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル3F
TEL&FAX.03-6272-3542

沿革&活動実績

2013年3月5日 産後ケアの日に設立
2013年3月 「ママセミ」産後ママ向けセミナースタート
2013年7月 【韓国産後ケアセンター視察訪問】大久保ともみ代表理事が、KOTRAの招待により産後ケアセンター先進国である韓国を訪問。産後ケア事業者7社と面談し、産後ケアセンター2カ所を視察。

今後の日本での産後ケアセンター普及に向けて、大きな足がかりとなる。
2014年2月 産後ママ向け夜間電話相談「Dream Time Call」プロジェクトがスタート
2014年2月 海外産後ケアレポート配信プロジェクトスタート
2014年4月 「こんにちは赤ちゃん訪問事業」千葉県佐倉市より委託、講師派遣。
2014年4月 かわのみみこ助産師のブログ「旅するお産婆〜みみこの世界一周物語」スタート
2014年3月 森美術館との協会1周年記念イベント「バギーでアート!」開催(アンデ・ウゥーホール展)
同日、主婦の友社、日本財団等との共同企画「産後ママの幸せってな〜に?」@六本木アカデミーヒルズにて開催
2014年3月 法人向け産後ケアコンサルタント事業スタート
2014年3月 協会主催による産後ケアリスト認定講座スタート
2014年5月 「全国産後ケア施設一覧」情報提供プロジェクトスタート
2014年6月 「Let’s LOVE Art」プロジェクトスタート
2014年9月 日本産後ケア協会×寺田倉庫新プロジェクト 「産後ママのためのminikura」サービススタート(1年のみの企画により現在は終了)
2014年11月 協会×H,I,S×日本財団の3社合同企画による日本初の産後ママ限定バスツアー開催
2015年1月 ブックレット「産後ケアはどうして必要なの?」発行
2015年3月 協会2周年イベント「産後ママのためのハッピーアート&ヘルシーフード」開催
2015年4月 産後ケアリスト認定講座が提携校ヒューマンアカデミーにてスタート
2015年9月 ベビーシッター会社「株式会社ポピンズ」と提携
2016年3月 鳥取県三朝町の母親学級にてブックレット「産後ケアはどうして必要なの?」配布決定
2016年3月 産後ケアリスト認定講座 協会主催赤坂見附校スタート
2016年4月 大阪府福祉部子ども室子育て支援課が運営する「ふぁみなび」に子育てを応援する協力団体として加入
2016年5月 日本政策金融公庫との協働により「起業塾セミナー」開講
2017年1月 産後&子育て事業に特化した産後ケアリスト起業塾 スタート
2017年5月 産後ケアリスト認定講座 協会主催福岡校スタート
2017年6月 産後ケアリスト認定講座 協会主催大阪校スタート
2017年7月 名古屋支部、福岡支部設立
2017年10月 産後ケアリスト認定講座eラーニング スタート
PAGE TOP