HOME > 最新NEWS

最新NEWS

  • 2017.4.27 お知らせ
  • 【産後ケアリストレポート(貞方智子編3)】

    こんにちは。
    名古屋駅前校第1期卒業生の産後ケアリスト貞方智子です。

    3回目は、産後ケアリストの認定を受けてから、どのように活動を始めたのかをお知らせ致します。

    今まで私は知育インストラクター1級、日本式マッサージ、心理カウンセラー2級、チャイルドマインダー国際ライセンス資格など、妊婦さんから高齢者の方々のケアに関わる資格を取得していました。

    今まで取得した資格プラス産後ケアリストの資格を得たことで、
    ママたちからはより信頼感が高まり、様々な悩みを抱えるママたちにとって何かしら役に立てるのではないかと思いました。

    いよいよ活動始めるにあたり、何からはじめれば良いのだろうか?と考えたとき、
    「まずは産後ケアリストの存在を地道にコツコツ広めたい」
    ということが重要ということに気づき、
    そのためには、親子の笑顔を先へ繋げていけるようなイベント&セミナーなどを開催すること=自分自身をアピール!になると考え、
    前回紹介した「さんさんルーム」での授乳時間などで、
    パパ&ママたちに寄り添い本音を率直に聴ける機会作りをスタートした訳です。

    相談内容は本当に様々です。
    ・産前産後におけるご家庭Q&A、アクシデント
    ・妊娠期間10ヶ月のご夫婦の想い
    ・産前産後の家庭の変化
    ・リフレッシュの仕方 
    ・赤ちゃんについて
    など色々な視点からのご相談や意見が飛び交うスタートとなりました。

    次にパパ&ママに、リフレッシュして頂こうと 
    ・パパ&ママの触れ合いを大切にするため、ご自宅で簡単に夫婦で出来るストレッチやマッサージ方法を伝授。
    ・リトミックの先生をお呼びして親子で体を動かす。
    ・似顔絵を手掛ける先生をお呼びして和やかなお顔をしている時の親子の似顔絵を 描いてもらう。
    ・英語の先生と共にリズム体操をする事で 親子のリフレッシュタイム。
    を実施しました。

    20170427産後ケアリストレポート貞方さん3-1  20170427産後ケアリストレポート貞方さん3-2

    こういった活動に対して、ママたちからは嬉しいお声をいただきました。
    ・産後の悩み、辛かったから聞いてもらえて良かったです。話せる場所の提供有り難い
    ・触れ合いの大切さをもっと聞きたい。
    ・本音トーク楽しかった。
    ・学んだストレッチで何となく肩こり解消。
    ・みんな産前産後同じことで悩んでいたんだぁ。ホットしました。
    ・同じ様な条件の仲間との意見交換参加したいです。

    このように産後ケアリストとしての活動を通じて、
    多くの方との出逢い、ご縁、絆を頂いたことに、心より感謝すると共に、
    これからひとりでも多くのママたちが産後ケアリストの存在をまずは知っていただき、
    困った時はぜひ頼りにして欲しいと思います。

    現在私は、フリーな立場で産後ケアリストとして活動をしています。
    ある時は 乳児の保育室
    ある時は 病児保育室
    ある時は 知育教室(私は、主に乳児担当)
    ある時は 親子向けのイベント
    ある時は 親子向けのセミナー
    ある時は 高齢者と昔の遊びで盛り上がったり
    他にもいろいろあります。

    ひらめいた時に即実行してきた私ですが、
    同時に、反省と学びをとても大事にしています。 
    次の成功への肥やしとして色々な方からの学びを怠らないようにしています。 
    また私の活動に賛同して協力をしてくれた素敵な講師や仲間、
    そして「ボランティアでもいいよ~」と私に声をかけていただいた全ての方の志しと心意気のお陰で、
    今の自分があることに心から感謝しています。

    だって、私ひとりでは何も出来ないから、、、。
    私を見守ってくれている全ての方々に「ありがとう」の毎日です。

    ひとりの女性のライフイベントには、
    結婚、妊娠、出産、子育て、さまざまなドラマがあります。

    沢山の有り難く貴重な意見を頂きながら、
    私も多くの女性のドラマに関わり続け、産後ママのニーズにお応え出来るように、
    今後もさらにパワーアップしながらママたち、そして女性たちに寄り添っていきたいと思っています。
    頑張ります!!!

    では次回4回目のレポートをお楽しみに~〜♬

    一般社団法人日本産後ケア協会 
    産後ケアリスト 貞方智子

  • 2017.4.25 お知らせ
  • 【ゴールデンウイーク休暇のお知らせ】
    4/29〜5/7まで事務局はお休みとさせていただきます。

  • 2017.4.17 お知らせ
  • 【5〜7月 産後ケアリスト認定講座スケジュール】
    産後ケアリストに必要なことってなんでしょう?
    まず第一は「産後ママに関する基本的な専門知識の習得」です。
    次に「産後ママに対して、望んでいる支援・サービス・情報などを適切な時期に提供すること」です。
    そして「産後ママのニーズを尊重すること」です。
    実は、産後ケアリストにとって必要なことはまだまだ他にもたくさんあります。
    さぁ、私たちと一緒に産後ケアのABCから学んでみませんか?
    今年は産後ケア元年の年となるでしょう。

    ■産後ケアリスト®2級認定講座
     5/21(日)10:00〜16:00 協会赤坂見附校  協会主催

     5/21(日)10:00〜16:00 協会福岡校    協会主催

     5/21(日)10:00〜16:00 名古屋駅前校   提携校
     6/11(日)10:00〜16:00 協会赤坂見附校  協会主催

     6/11(日)10:00〜16:00 協会大阪校    協会主催

     7/1(日)10:00〜16:00  協会赤坂見附校   協会主催

     7/29(土)10:00〜16:00 協会大阪校    協会主催

    1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミニュケーション学(基本編)
    受講料:30,000円
      (別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
     4/15(土) 10:00〜17:00 赤坂見附校    協会主催

     6/4(日) 10:00〜17:00 名古屋駅前校   提携校
     6/4(日) 10:00〜17:00 福岡校       協会主催

    1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    受講料:172,000円
    *毎週土日曜日のいずれか、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)
    *別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要です。
    お申込み:お電話03-6272-3542(11〜17時)または、メールでお名前・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jp までお知らせ下さい。      
    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    認定講座詳細ははこちら。

  • 2017.4.9 お知らせ
  • 【6〜7月 大阪校】
    産後ケアリスト認定講座 2級開講スケジュール決定!

    ■ 6/11(日)協会大阪校【第1期】10〜16時
    ■ 7/29(土)協会大阪校【第2期】10〜16時

    1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミニュケーション学(基本編)
    受講料:30,000円
      (別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)

    お申込み:お電話03-6272-3542(11〜17時)または、メールでお名前・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jp までお知らせ下さい。      
    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    認定講座詳細ははこちら。

  • 2017.3.31 お知らせ
  • 【赤坂見附校卒業生の産後ケアリスト高橋修さん、
    花巻市で「産前産後ケア事業」無事に予算確保】

    産後ケアリスト認定講座赤坂見附校卒業生で、
    2級認定者の岩手県花巻市議会議員の高橋修さんが、
    花巻市での「産前産後ケア事業」無事に予算確保できました、との報告が協会にありました。
    平成29年度から花巻市でいよいよスタート。
    県内初!だそうです。

    昨年の夏、認定講座にお問い合わせを頂いた翌日には、
    巨大おにぎり持参で新幹線に飛び乗り、赤坂見附校で受講しわずか7ヶ月でこの偉業。
    熱意の塊、高橋修さんです。
    これを機に、今後は東北地方での産後ケア事業への取り組みも加速していくものと思われます。
    http://www.city.hanamaki.iwate.jp

  • 2017.3.29 お知らせ
  • 【6〜7月 赤坂見附校、大阪校】
    産後ケアリスト認定講座 2級開講スケジュール決定!

    産後ケアリスト認定講座のお問い合わせが増えてきましたので、
    早急に開講日程を増やしました。
    全て協会主催での開講となります。

    ■ 6/11(日)協会赤坂見附校【第17期】10〜16時
    ■ 7/1(土)協会赤坂見附校【第18期】10〜16時

    1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミニュケーション学(基本編)
    受講料:30,000円
      (別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)

    お申込み:お電話03-6272-3542(11〜17時)または、メールでお名前・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。      
    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    認定講座詳細ははこちら。

  • 2017.3.26 お知らせ
  • 【産後ケアリストレポート(貞方智子編)】

    みなさま、こんにちは。
    名古屋駅前校第1期卒業生の産後ケアリスト貞方智子です。

    今回は、私が産後ケアリストとして月に2回程、託児ボランティアをしている
    春日井市妊産婦ケア「さんさんルーム」のご紹介をしますね。

    私が住んでいる春日井市は、
    市長さんが「子はかすがい 子育ては春日井」と、
    子育て宣言を行った市として有名な市町村です。

    「さんさんルーム」は、「ママとしての幸せと、その一歩先の幸せを!!」
    を目標に、2014年春日井市民病院敷地内に設立されました。
    別名「妊産婦の為のデイサービス」と称され、
    ママが疲れた時や、育児が辛い時に休養出来る場の提供をしています。

    春日井市子供政策課保健師さんは、
    「育児に不安を感じているママや、お子さんと離れて少しホッとしたいママに是非利用して頂きたい。
    ここでゆったりした時間を過ごしリフレッシュして、また笑顔で育児をしてもらえると嬉しいです。」
    とのコメントです。

    出産後のママは、体へのダメージの他にも、
    母乳育児が上手くいかない、子供との接し方が分からない、など多岐にわたるそれぞれの不安を抱えています。
    又、赤ちゃんの夜泣きによる慢性的な疲れは当たり前。

    「さんさんルーム」には保健師、栄養士、臨床心理士、助産師などの専門職が常時在籍しているので、
    身近に頼れる専門家がいる!ということは ママ達にとって心強い味方。
    何でも気軽に!即相談が可能です。

    来所しているママ同士にとっては、
    出産についての不安や子育てに関する今現在の悩みも含め、私だったらこうしているよ と
    良いことも悪いことも色々な事に対して、共感・共有しあえる場所であり、
    憩いの場所であり、情報交換の場所となっていますよ(^^) 

     

    さらにママのリラックスタイムは、お子様は親と離れて別室で手厚く スタッフさん達が保育!。
    その間 ママ達は 読書の時間、シャワータイム、 お昼寝、等々~(^-^)/ 、
    1日をママのリズムで過ごしていただける空間、
    ママ達に寄り添い、おもてなしの心で少しでもくつろげる配慮がなされている (*^.^*)
    良いことづくめの施設なんです。

    ひとりの女性が結婚をして出産という大仕事を終え、
    ここから女性としても母親としても、両立しながら充実した生活へ繋げるお手伝いとして、
    ママ達の気持ちに寄り添った施設と、認識しています。

    またひとりの女性としても輝くために、
    日々の生活を楽しんでいただける声かけや行政の施設を上手く利用して頂き、
    ストレスを感じない育児環境のお手伝いが出来るという意味でも、
    産後ケアリストとして意義ある職場であると実感している日々です。

    私が産後ケアリストとしてこの現場で感じていたことの中で、
    「来所した方が1日を有意義な気持ちで穏やかにそしてリラックス・リフレッシュ出来たのだろうか?」
    「私たちの気持ちは 伝わって居るのだろうか?」
    ということがありました。

    しかし、ある日、利用者の方から以下のような1通のお手紙が届きました。
    「さんさんルームでの1日は 天国でした~(*^.^*) 
    スタッフさんの気持ちの良い対応に元気をもらい、励まされ
    なんと言っても、何を聞いてもすぐに笑顔で答えてくれて優しさに癒され勇気つけられたものです
    素敵な出逢い、時間が有ったからこそ今の自分が保てていると、思います。」

     

    産後ケアリストとして、これほど充実感を持ってお仕事させていただける環境に、
    改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。
    他にも利用者の方々からは多くの感謝の言葉や有り難いご意見を頂いております。
    こういったママに寄り添った施設を他県にも、増えていってくれることを切に希望しています。

    最後に春日井市妊産婦ケア「さんさんルーム」の利用についてご案内します。
    お近くの方は是非お越し下さい。

    *対象者 
     ・育児疲れが有り、ゆっくりと休みたい
     ・ご家族などから育児支援が受けられない
     ・育児不安が有り相談をしたい
     等々・・・
    *定員数
     ・1日 7組迄~〈予約制〉
     ・料金  1回 1000円
    *場所   
    総合保健医療センター3階 妊産婦ケア室(春日井市民病院敷地内)

    20170325産後ケアリストレポート2-1  20170325産後ケアリストレポート2-2
     
    それでは、4月の産後ケアリストレポートもどうぞお楽しみに♫

    一般社団法人日本産後ケア協会 
    産後ケアリスト 貞方智子

  • 2017.3.13 お知らせ
  • 【産後ケアリスト認定講座 
      協会主催による福岡校開講が決定!】

    昨年12月から福岡市で産後ケア事業がスタートしましたが、
    この4月から産後ケアリスト認定講座も協会主催でリニューアルスタートいたします。
    加速度的に認知度やニーズが高まっている産後ケア。
    この機会に私たちと一緒に産後ケアを学んでみませんか。
    産後ケアリスト2級認定講座 スケジュール
    ■ 福岡校第8期 4/23(日)10〜16時 協会主催
    ■ 福岡校第9期 5/21(日)10〜16時 協会主催
    1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミニュケーション学(基本編)
    受講料:30,000円
      (別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    校舎は博多駅徒歩3分
         
    カリキュラムの詳細は認定講座のページをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.3.8 お知らせ
  • 【認定講座開講のお知らせ 名古屋駅前校5月】

    名古屋駅前校での5月の開催日は21日(日)です。
    認定講座詳細ははこちら。

  • 2017.2.22 お知らせ
  • 全国津々浦々、北海道から沖縄まで、すでに多くの産後ケアリストが誕生し、産後ママをサポートすべく地域に密着した活動をしています。
    今月から月1回の定期便で、そんな活躍中の産後ケアリストからのレポートをお届けしますね。

    トップバッターは名古屋駅前校第1期卒業生の貞方智子さんからのレポートです〜♬

    レポートを読んで産後ケアリストに興味を持っていただけたら幸いです。

    【産後ケアリストレポート(貞方智子編)】

    みなさん、こんにちは。

    私は、愛知県春日井在住の産後ケアリスト貞方智子です。
    産後ケアリストとしての活躍状況をみなさんにお伝えするべく、
    1ヶ月に1回、これから情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

    それではまず第1回目ということで自己紹介から!

    私には、子供が4人います。
    長男 30才 1360gm(低体重児)
    次男 28才 2350gm
    長女 23才 2650gm
    干支が1回り+1年
    (笑) 13年空いて 
    三男 10才 2850gm

    私は、元々、5人子供を年子で出産したかったのですが、
    流産が重なりなかなか自分の思う様にはいきませんでした。
    病院の先生に相談をし、様々なアドバイスや手段を使い、
    ようやく妊娠へとたどり着きました。

    えっ 
    念願の妊娠~(*^.^*)
    しかし、同時に なんと子宮頸がん発覚。
    腎臓内科の先生は 「高齢だし~、貞方さんに負担がかかり過ぎ 心配です。出産は諦めてほしい!」 
    でも、産婦人科の先生は 
    「がんを見付けてくれた救世主だから当然出産するよね~ 
    本当だったら、出来にくいあなたに赤ちゃんが授かった~、
    奇跡だよ~!
    死んでたかもしれないんだよ!」
    と。
    「言われなくても、迷うことなく私は、産みたい!」

    私は意思を貫き出産に。
    そして無事に産み終え、子宮の収縮を待ち、家族や周囲の助けを受けながら子宮の摘出オペを!
    おかげさまで大成功で、再発も無く、死に繋がる事なく今も生きています。

    その後はご縁があった名古屋市大手総合病院の産婦人科病棟保育staffとして勤務をしました。
     
    現場では 日々、無(死)くなる子供も居れば、里親に出される子供も。
    低年齢の出産の為に親にも認められず困り果てている御家庭など、
    本当にさまざまです。
    自分が、いかに幸せか犇々と感じたものです。

    そして現場で働く、助産師さんや看護師さん達のおもてなしの心意気、
    患者さんへの共感、寄り添い、励まし、傾聴し、
    命の大切さを暖かな眼差しと心で見守り、
    まさに「尊敬」の一言です。

    そして自分を振り返ってみたときに感じたこと。
    それは、

    「私は、子供に救われた命であること。
    ならば子供が幸せに暮らせる社会を作りたい。
    何がしてあげれるのだろうか?」

    「救うことは出来ないかもしれないけれど、応援なら私でも何かできるはず!」

    こんなことをつらつら考えているときに出会ったのが、
    産後ケアリストというお仕事でした。

    講座の内容を調べてみると、 
    まさしく私が求めていた資格で・・・テンション上がりました︎ 
    もちろんすぐに受講を決意!!
    参加して思わぬプレゼントだったことは、
    産後ケアを通じて多くの受講生とたちと繋がれたこと。
    志も高く、共感し合える前向きな仲間との出逢いに「縁」って素晴らしいな~、と改めて感動。

    では、第2回目をお楽しみに~。

    20170222産後ケアリストレポート1

    一般社団法人日本産後ケア協会 
    産後ケアリスト貞方智子

1 / 1612345...10...最後 »