HOME > 最新NEWS

最新NEWS

  • 2017.8.9 お知らせ
  • 【産後ママがさらされる、短い期間での急激なホルモンの変化-心の変化-】

     

    分娩後の産後ママは、様々な変化が一気に起こるため、様々な心理的・社会的ストレスに直面します。
    大きな変化の1つは、急激なホルモンの変化による心身の変化です。
    今日は、急激なホルモンの変化による「心」の変化について少し詳しくお話いたします。

     

    女性の一生で、ホルモンの影響を受ける時期は大きく3つある、といわれています。
    1つめは思春期。おおよそ10歳から18歳くらいの、いわゆる第二次性徴期です。
    おおよそ8年くらいあり、子どもから大人へ心身ともに変化し、大人への第一歩を踏み出すときです。皆さんも経験されたと思いますが、反抗期でもありますね。

     

    2つめは更年期。更年期は閉経の前後5年程度と定義されており、10年くらいあります。この時期も、心身ともに変化します。
    不定愁訴といわれてしまう「更年期障害」や「空の巣症候群」などといわれるものも、この時期に起こりやすいとされています。いずれも、8年から10年という年月をかけた変化です。

     

    そして妊娠・出産・産褥期です。
    妊娠期間は10ヶ月、出産は個人差がありますが、初産婦さんで半日程度、産褥期はおよそ6から8週間です。
    この時期は、思春期や更年期に比べてかなり短く、この間に起きるホルモンの変化も劇的です。
    たとえば、マタニティブルーズは30%から50%、産後うつは13%の女性が経験するといわれています。一般成人のいわゆる「うつ病」は9%といわれていることを考えると、その割合より多いことがわかります。

     

    急激なホルモンの変化は、心だけでなく、体にも大きな変化を起こします。次回は体の変化についてお話いたします。
    なお、産後ママの心身の変化について、産後ケアリスト®認定講座では、さらに掘り下げて学びます。

    ※8/16(水)の「最新NEWS」の更新は、夏休みのためお休みです。次回更新は8/23(水)の予定です。

     

    <8月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.8.7 お知らせ
  • 8月1日厚生労働省から、産前産後サポート事業、産後ケアガイドラインが発表されました。
    このガイドラインを読み解くポイントをみなさんにお知らせいたします。
    特にご利用者の皆様に幅広くご理解いただき、一人でも多くの産後ママに産後ケアを受けていただければと願っています。

    *産前産後サポート事業
    ①対象者に「障害児または病児を抱える妊婦」が加わりました。
    ②実施担当者に「管理栄養士」が加わりました。

    *産後ケア事業
    ①サービス対象として除外者の箇所は「母親に入院加療が必要ある者」に限定されました。
    そして心身の不調や疾患があり、医療介入が必要な場合でも医師の判断によっては認められるということになりました。 また実施担当者に管理栄養士が加わりました。
    ②宿泊型の事業内容では「市区町村の判断により父親、兄姉等の利用者の家族を同伴させることができる。」となりました。
    ③実施場所についてはP15に具体的に書き加えられております。すなわち産後ケアセンターは、助産所型(10床未満)では旅館業法の適用除外、旅館業型では10床以上にすることが可能、市区町村独自基準型では10床以上にすることが可能、ただし独自の基準が必要で旅館業法の適用除外となります。
    一部の法律は適用除外にならない。
    ④産後ケア等サービスに係わる利用料は、保健事業として健保・国保の補助を実施することが可能。
    ただし利用者は健保組合等に実施状況を確認するよう伝えることとなります。
    ⑤実施者に対する研修で専門職である管理栄養士が加わりました。

    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172988.html

     

     

  • 2017.8.2 お知らせ
  • 【だから重要なのです!―現代の産後ママが抱える不安に対処する「産後ケアリスト®」】

     

    産後ママのサポートのプロフェッショナル、産後ケアリスト®。
    一昔前までは耳なじみのない方がほとんどだったかと思いますが、近年、その必要性や重要性に注目が集まっています。
    なぜ今、産後ケアリストが必要なのでしょうか。

     

    分娩後の産後ママには、急激なホルモンの変化によるからだの変化、人間関係の変化が一気に起こります。同時に、初めての育児や母親としての役割に不安や焦りを覚え、様々な心理的・社会的ストレスに直面することになり、精神的に追い詰められてしまう人も少なくありません。

     

    特に現在の日本では、核家族の増加や地域社会からの孤立により、子育てについて相談できる人が身近にいないなどの状況があります。
    そのため、子育ては母親として重要な役割だと理解していても、様々な負担や不安、苛立ちを感じる母親が増えてきているのです。

     

    産後ケアリスト®は、産後ママが家庭生活において体調を順調に回復できるように、生活のあり方やセルフケアの仕方、家族の協力体制などについて、具体的にアドバイスをしたり、悩みを解決する役割を担う専門家です。
    産後ママが再就労を望む場合は、目的に向けて必要な心身の準備や社会的資源の情報提供、育児との両立に向けた生活へのアドバイスやサポートも行います。

     

    つまり、産後ケアリスト®は、今の産後ママが抱える不安やストレスに対処するプロフェッショナルであり、その役割が注目されているのです。

    産後ケアリスト®になるためには、産後ケアリスト®認定講座を受講いただき、産後ママをサポートするためのあらゆる知識やスキルを学びます。認定講座のスケジュールは次の通りです。

     

    <8月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    8/6(日) 10:00〜16:00 名古屋駅前校(提携校ヒューマン)
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催★NEW★

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.7.26 お知らせ
  • 産後ケアの基本(2)-産後ママを取り巻くご家族も支援する「意識」】

     

    産後ケアリスト®の支援は、産後ママだけに必要なものではありません。
    産後ママを取り巻く夫や上の子ども(きょうだい)、祖父母も含めて支援をする、という「意識」が必要です。

     

    子育ての方法は、変化しています。一昔前の子育ての常識の中には、今の時代では積極的に行わないこと、医学的に否定的な考え方のものもあります。
    デリケートな時期である産後ママが、実家のご両親と子育てについて意見が食い違うことがあるかもしれません。
    その食い違いが原因で、産後ママが(時には家族も)ストレスを抱えていることもあります。

     

    また、ご主人や上の子ども(きょうだい)に対する接し方をどうすれば良いのか、産後ママ自身が悩んでいるケースもありますし、ご主人や上の子ども(きょうだい)が産後ママにどのように接していいのかわからず、困っていることも考えられます。

     

    クライアントはあくまでも依頼主である産後ママであることを忘れず、プライバシーを侵害しない範囲で情報収集をして、「産後ママを取り巻くご家族も一緒に支援する意識」を持って、必要なサポートをすることが最も重要なポイントとなります。

     

    こうした産後ママのサポートのプロフェッショナルが「産後ケアリスト®」です。
    産後ケアリスト®認定講座は、産後ケアリスト®としての知識やスキルを学ぶ場であり、また同じ志を持った仲間と出会うことで、切磋琢磨をしつつ自分を磨きあげる貴重な場でもあります。

     

    <7月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    7/29(土) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催
    8/6(日) 10:00〜16:00 名古屋駅前校(提携校ヒューマン)
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.7.21 お知らせ
  • 【夏期休暇のお知らせ】
    8/10(木)〜17(木)の間は夏期休暇とさせていただきます。
    みなさまにはご不便をおかけすることになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 2017.7.21 お知らせ
  • 2017年7月に日本産後ケア協会はこれまでの東京本部に加え、名古屋支部と福岡支部を設立いたしました。
    各支部のスタッフは、それぞれ名古屋、福岡各校舎の認定講座の卒業生たちです。
    今後は認定講座の運営や会員向けの地域密着型イベント活動などを企画開催の予定です。

  • 2017.7.19 お知らせ
  • 【産後ケアの基本(1)-適度な距離感を保ちつつ、産後ママの話を「聴く」】

     

    産後ママが必要としている支援やサービスは様々です。
    産後ケアの支援やサービスを考える際に重要なポイントは、自分の経験ではなく、産後ママの考え方、育ってきた環境、生活スタイルを尊重することです。

     

    まずはしっかり話を聴くことからスタートします。
    なんとなく、憶測、勝手なイメージではなく、関係作りをしながら、産後ママが大事にしていることは何か、これまでどのような生活をしてきたか―時には質問も交えながら聴きます。

     

    このとき、プライベートかつデリケートな話を細かく伺うことになりますので、産後ママや家族のプライバシーを侵害せず、適度な距離を保つよう心がけることも忘れてはいけません。

     

    どのように産後ママの考え方、生活スタイルを把握するのか、答えは一つではありませんが、適度な距離感を保ちつつ、きちんと「聴く」ことを通じて産後ママの特徴をつかみ、産後ママが望むケアを適切に提供する必要があるのです。

     

    そうなると、「産後ママの考え方や生活スタイル、どうやって把握するの?」「産後ママとのコミュニケーションの取り方、どうすればいいの?」「プライバシーの侵害にならない距離感って?」といった疑問が出てきませんか?
    このような疑問や具体例については、ワークショップを中心とした1級認定講座の中で、受講生たちと切磋琢磨して学んでいきます。

     

    <7月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    7/29(土) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催
    8/6(日) 10:00〜16:00 名古屋駅前校(提携校ヒューマン)
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(※満席につきキャンセル待ちのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.7.12 お知らせ
  • 【刻々と変わる、産後ママ自身が感じる「不安」】

     

    産後ママの不安は、育児に関することだけではありません。
    出産を経て、産後ママ自身の心身の状態や周りの環境が変わることにより、産後ママ自身が感じる不安もあるのです。
    そして、産後ママ自身が感じる不安は、やはり時とともに変わってくることを、産後ケアリスト®は理解しておく必要があります。

     

    たとえば、産後ママの疲労や睡眠不足は、出産後1年くらいは慢性的に続くことになります。
    その他、出産後から3ヶ月くらいにかけては、乳房のトラブルを心配事としてあげる方が多くなっています。
    また、産後1ヶ月は無我夢中すぎて気づかないけれど、我に返ると家事の調整や家族との調整が心配になる方も少なくありません。これは半年ほど続きます。
    外に出始める3ヶ月を過ぎると、育児サークルに関する心配事が出てきます。
    半年を過ぎると、やはり卒乳について心配される方が増えてきます。

     

    当然、心配事は産後ママそれぞれです。
    ここで産後ケアリストにとって重要なポイントは、産後ママの心配事はある一定では決してなく、子供の成長とともに、心配事の種類も深さも刻々と変化していくこということです。
    つまり、産後ママに次々に襲いかかる不安や心配な出来事を細かく把握し、どのようなサポートやサービスが必要なのか、など産後ママのニーズを正確につかむことが大切です。

     

    では、産後ケアリストはどのような姿勢でサポートやサービスを提供すれば良いのでしょうか?

    次回はそんなお話をする予定ですが、さらに深掘りして学習したい方は講座の受講をお勧めします。

     

    <7月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    7/29(土) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催
    8/6(日) 10:00〜16:00 名古屋駅前校(提携校ヒューマン)
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.7.5 お知らせ
  • 【育児の不安は赤ちゃんの成長によって刻々と変わる!】

     

    産後ママは「産後1ヶ月」が一番不安、というお話をしましたが、そこを過ぎれば万事OK!というわけではありません。育児に関する不安は、時期によって変わってくるのです。

     

    たとえば赤ちゃんのこと。
    1ヶ月までは泣き止まない、母乳が足りているか、体重が増加しているか、オムツかぶれや湿疹などの皮膚の状態に不安があるという方が多いようです。

     

    1ヶ月から3ヶ月になると、母乳が足りているかという不安は引き続きあるものの、昼夜が逆転していることや便秘、またこの頃から始まる予防接種、といった、新たな不安が出てくるのです。

     

    そして3ヶ月から6ヶ月になると、夜泣きのことや離乳食の開始時期について、といった新たな不安の種が出てきます。また、寝返りの時期など、発達に関する不安が出てくる時期でもあります。

     

    半年を過ぎて1歳までは、離乳食の進め方や食が進まないことなどが不安になる方がいます。

     

    このように、赤ちゃんの成長にあわせて、産後ママの育児に関する不安が変わってくるのです。さらに、産後ママが、時期によって変わってくる心配事は赤ちゃんのことだけではありません。次回はそんなお話をいたします。

     

    <7月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    7/1(土) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    7/29(土) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催
    8/6(日) 10:00〜16:00 名古屋駅前校(提携校ヒューマン)
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.7.3 お知らせ
  • 【産後ケアリストレポート(貞方智子編5)】

    こんにちは。
    名古屋駅前校第1期卒業生の産後ケアリスト貞方智子です。
    早いもので2月からスタートした産後ケアリストレポート、5回目の今回が最後のレポートとなります。

    産後ケアリストとして私自身が今後どうあるべきか、
    今後の将来・展望についてお伝えしていきたいと思います。

    「産後ケアリスト」ってどんな仕事をするの?
    と思われている方々には、
    ママサポートのプロ、
    産後にかかわる人、
    と、ご理解いただければ良いかと思います。

    そして 育児に不安を感じた時や、
    今すぐ教えて欲しい時、解決したい時に
    「あ、近くにいたいた!産後ケアリストさん(^^)」
    と思い出して頂けると嬉しいです。

    小さな命が体内に宿り約10カ月の妊娠期間と出産という大きな山を越えて我が子を胸に抱く母親の喜びはいつの時代も変わりません。
    そして子育ては「楽しい」ばかりでもなく、
    また反対に「辛い」ばかりでもありません。

    ママ達の楽しい気持ち、嬉しい気持ち、悲しい気持ちを共に感じる。
    それが産後ケアリストであり、私自身でもあります。

    妊婦の時は気遣ってもらえたのに、
    出産後は家族も、ママのことよりも赤ちゃんのことに気持ちが行きがちです。
    そうではなく、産前・産後ママ達一人一人の尊厳を認め尊重し、
    共生・共感・共有の態度でママ達と向き合う姿勢を、
    今後もブレることなく続けていきたいと思います。

    日頃から頭に描いている産後ケアリスト貞方の姿は、

    1.「心」「体・身体」「環境」を考慮し、産後ママが育児をより楽しめる様に、
    快適で健康な日常生活が送れるようにサポート。
     ↓      
    具体的なアドバイスをしたり悩みを解決する専門家である産後ケアリストの存在を皆さんに知ってもらえる様になる。

    2.欲しいサポートの提供に心掛ける。
    「心の耳」で聴き、ストレス(環境からの刺激によって生じた悩みや緊張や疲労の状態)を読み取る。
    ・聴く:「耳を王様にして十四の心を1つにして」集中して色々な、感性を研ぎ澄ませて心で聴く事です。じっくりとして聴く、集中して聴く、理解しながら聴く。
    重みが有りますよね。
    ・聞く:「自分の都合の良いことだけを聞く、聞きたくないことは聞かない~。
    ・訊く:「問い詰める」刑事の訊問みたいで怖いですよね~。

    3.ママから甘えてもらえる存在になる。
    気兼ねなく声を掛けて相談してもらえる。

    実際には、私自身で妊産婦さん向けや、親子向けセミナーやイベント開催できるようになりたいと考えています。
    取得している数々の資格を活かし、皆さんが安心して通いたくなる空間作りを目指します。
    新生活をスムーズに構築できる支援を心掛け、産前産後ママが望む支援、サービス、 情報等を適切な時期に提供していけるように、日々変化する産後ケアに対する基本的な専門知識の習得も怠らず今後も頑張っています。
    そして ママ達が 母親としての役割だけでなく、一人の女性であることを楽しめるサポートに心掛け、子育てが楽しいと、思える社会を実現したいです。

    名古屋駅前校産後ケアリスト第1期生として、
    今後もママ達と一緒に楽しく過ごしていきたいと思っています。

    5回シリーズでしたが、
    興味を持ってお読みいただき、どうもありがとうございました。

    20170703産後ケアリストレポート5-1
    産後ケアリスト認定証と産後ケアリストの称号のエプロン!
    もちろん非売品!誇りと責任で身が引き締まります。

    産後ケアリストに興味を持っていただいた方、
    ぜひ私たちの仲間になり、共に成長していければ嬉しく思います。

    一般社団法人日本産後ケア協会 
    産後ケアリスト 貞方智子

1 / 1812345...10...最後 »