HOME > 最新NEWS

最新NEWS

  • 2017.9.20 お知らせ
  • 【産後ママのサポートに専門家が必要な理由】

     

    最近では、行政や民間のヘルパー会社などが、産後ママへの家事支援サービスを行っています。
    このような現状では、高齢者介護をメインにサービスを行っていた人が産後ママの家庭を訪れるケースもあります。
    その際、産褥期に生じる心理的問題における知識不足のため、「がんばりなさい」「母親になったんでしょう」といった母親の負担になるような声かけをするなど、現場で混乱を招いているケースもあります。

     

    また、産後ママ特有の様々な心身のマイナートラブルなどについて、医療の専門家である医師や助産師などに相談するほどでもないけれど、辛いことは辛いし、なんとなく心配…という思いを抱えている産後ママも少なくありません。
    産後ママは、「気軽な相談窓口」のような存在を求めています。

     

    産後ケアには、産後期における心理や社会的問題の実際を知り、それらを予防・改善するためのサポート方法を具体的に学ぶことにより、この問題の解決に結びつけることが必要です。
    産後ケアリスト®は、こうした問題解決のための専門家として、産後ママの問題解決のパートナーとなって活躍しています。
    産後ケアリスト®として必要な知識やスキルは、産後ケアリスト®認定講座で学ぶことができます。

     

    <9月以降の産後ケアリスト®認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校
    2018年1/27(土)10:00〜17:00 協会赤坂見附校 協会主催

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。

    産後ケアリスト®講座

  • 2017.9.14 お知らせ
  • 【名古屋駅前校卒業生限定 産後ケアリスト交流会(ランチミーティング)開催報告】

    2017年9月8日(金)名古屋支部スタッフ3名と卒業生7名が集まり産後ケアリストランチミーティング交流会が開催されました。

    まずは自己紹介からスタート。
    そして産後ケアリストたちそれぞれの活動状況の報告や今後の協会活動の方向性なども含めて、
    自由で前向きな意見交換が行われました。
    その中で、当協会が提携している株式会社ポピンズへナニー登録をされている産後ケアリストより
    「ポピンズでのお仕事は、現場での様々な経験を積むことができるし、
    また、お母さん方の求める産後ケアへのニーズを肌で直接感じ取ること&知ることができる!」
    といった現場を経験した産後ケアリストならではのコメントもありました。

    また今回
    *産後ケアリスト同士が集まることで生の情報が収集ができる
    *他の人の話を聞いて刺激になり、モチベーションの維持に役に立つ
    *横の繋がりができて嬉しい
    などの感想もいただくことができ、
    名古屋支部スタッフも、今後の交流会や各種イベントの企画・開催に改めて燃えております!

    参加することで繋がりができ→刺激を受け→自身のエネルギーになる…
    この素敵なサイクルを名古屋支部スタッフの貞方、森脇、石川の3名が産後ケアリストたちに広げ、
    名古屋を盛り上げて行ってくれること間違いなしです!

  • 2017.9.13 お知らせ
  • 【産後ママの様子、こんなときは注意して!】

    産後ママは、心身や環境の変化により大きな変化にさらされます。
    さらに、母親自身の性格や健康状態、妊娠・出産の状況、育児が思うように進まない、家族や社会環境からの支援が十分でないなど、様々な要因により、産後ママが精神的に不安定になりやすいといわれています。

     

    産後ケアリスト®として、クライアントである産後ママに次のような様子が見られるときは、特に注意が必要です。
    ・表情が暗く、涙もろくなっている。
    ・悲観的な言動が多く、無気力で憂鬱になっている。
    ・常に緊張感や焦燥感がある。
    ・攻撃的な態度で周囲に敏感になりすぎている。
    ・不眠、食欲低下、頭痛、疲労感がある。
    …など

     

    このような産後ママに出会ったときには、ご本人と相談の上、医療や福祉の専門家につなぐ必要があります。
    もし、産後ママ自身やご家族の方などが「ママは今、不安定な状況にあるかも?」と自覚した場合も、ぜひ産後ケアリスト®などの専門家にご相談ください。

     

    また、このような状況にならないように、産後ケアリスト®としてサポートしていくことも重要です。
    産後ケアリスト®として、このような産後ママに対してできることについては、産後ケアリスト®認定講座の「産後ケアリストができるサポート内容」という課題でさらに詳しく学んでいきます。

     

    <9月以降の産後ケアリスト®認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校
    2018年1/27(土)10:00〜17:00 協会赤坂見附校 協会主催

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.9.8 お知らせ
  • 【産後ママが精神的に不安定になりやすい、3つの要因】

     

    産後ママがさらされる、心身や環境などの大きな変化。
    では、どのような要因が産後ママの変化の影響するのかというと、「母親自身の要因」「育児状況」「環境」の、大きく3つに分けることができます。

     

    まず「母親自身の要因」とは、性格等、妊娠・出産の状況、健康状態などが挙げられます。
    真面目で責任感が強い、几帳面、意思が弱い、意思決定ができないといった性格的な要因に加え、精神疾患の既往なども、産後ママの変化に大きな影響を与える要因となります。
    また、望まない妊娠、出産体験を否定的に感じている、子どもの性別やイメージが期待はずれだった、といった「妊娠、出産の状況」も、分娩後の様々な変化に影響を与える一因です。
    さらに、後陣痛、会陰切開部分の痛みや違和感、帝王切開後の痛み、疲れ、睡眠不足など、産後ママ自身の健康状態も、分娩後の様々な変化に影響する要因として見逃すことはできません。

     

    次に「育児の状況」とは、授乳がうまくできない、夜泣きなどに加え、子どもの体重が増えない、黄疸、発疹・湿疹などの子どもの健康状態などが挙げられます。

     

    最後に「環境」とは、夫や親からの協力不足、経済的困難、行政の産後ケア事業が整備されていないといった、家族の支援や社会環境が挙げられます。

     

    これら3つの要因から、産後ママは精神的に不安定になりやすく、産後ママの心身の変化に影響を与えるとされているのです。

     

    このような産後ママに対して産後ケアリスト®としてできることについては、産後ケアリスト®認定講座の中で「産後ケアリスト®ができるサポート内容」として学習します。

     

    <9月以降の産後ケアリスト®認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催(募集〆切8/25金)
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校
    2018年1/27(土)10:00〜17:00 協会赤坂見附校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.9.4 お知らせ
  • 【産後ケアリストレポート(金澤裕香編1~受講のきっかけ~)】

    皆様、はじめまして。日本障がい疾患家族支援協会の代表理事を務めております金澤裕香と申します。
    今回から月に1回、産後ケアリストの資格習得を通して学んだこと、そして現在の私の活動について皆様にご紹介させていただくことになりました。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    私は2016年に産後ケアリスト1級を取得しました。
    そして今年7月に「全ての患者とその家族のためのオンラインコミュニティCARE LAND(https://careland.org/)を運営する非営利型一般社団法人を立ち上げました。

    一見、産後ケアリストとは縁遠い活動に感じられるかもしれませんが、私の出発点、そして目指すものは産後ケアリストのコンセプトに通ずると考えております。

    今回は連載1回目ということで、産後ケアリスト取得のきっかけについてお伝えしたいと思います。

    私には重い障がいと病気を持ったもうすぐ4歳の娘がいます。
    生まれてから3年間はほぼ入院生活で、私も付き添い入院として一緒に生活しました。

    病院という限定された空間で過ごす日々。気づけば、たくさんのママ友ができました。

    そんな中、毎日繰り広げられる何気ない会話の中で、困りごとを抱えているママの切実な想いを伺い知り、日に日に「ママのケアが希薄なのではないか」と感じるようになりました。

    命や発達に関わる病名宣告、予期せぬ入院生活、長期間の治療…
    こんな時、お母さんは自分で自分の気持ちをコントロールし、おうちの環境をなんとか整え子供の治療に全力を注ぎます。

    退職・休職をしたり、兄弟児を誰かに預けたり、様々な試練をひたすら乗り越えなければならないママを目の当たりにしてきました。もちろん私自身も同様です。

    しかし、私の病棟には臨床心理士さんなどは一人もおらず、ママの心と体のケアは主に看護師さんや家族に任されています。
    体調を崩すママを何人も見ているうちに、あまりにもママの負担が大きすぎるのではないかと危機感を覚えました。

    この状況をなんとかしたい…もっと、気軽に相談したり不安を打ち明けられる相手が欲しい…

    そう思い、ネット検索でたどり着いたのが「産後ケアリスト」という資格でした。

    入院中のママに関する活動はまだ前例がないようでした。
    しかし、産後のママの体と心の変化をケアする方法を知ることは、私が実現したいことの糧になると感じ、まず2級をパパの協力のもと受講してみました。

    2級では、地域における育児支援の実態やコミュニケーション学など、多くの知識を体系的に学ぶことができました。
    また、他の受講者の皆さんと話すことで、自分が知らなかったニーズやケアの方法を知ることが出来、もっと学びたい!と思いそのまま1級取得を決断しました。

    そこから1級取得まで病院から講座に通う日々を送りました。
    交代要員を確保したり、病室でテキストを広げたり、大変なこともありましたがとても充実した良い思い出です。

    この時の気持ちが、今でも私の活動の原点になっています。
    それでは次回は私が1級受講で学んだことなどを中心にお届けできればと思います。




    病気・障がい当事者と家族のためのオンラインコミュニティCARE LAND(ケアランド)
    公式WEBサイト https://careland.org/
    公式Facebookページ https://www.facebook.com/careland/

    一般社団法人日本産後ケア協会 
    産後ケアリスト金澤裕香

  • 2017.8.30 お知らせ
  • 【産後ママがさらされるのは、心身の変化だけではない-新しい役割の獲得-】

     

    分娩後の産後ママは、急激なホルモンの変化により、「心」と「からだ」両方が、大きな変化にさらされます。さらに、出産によりボロボロになった体に起こる、様々なマイナートラブルにも悩まされます。

     

    こうした心身の変化に加え、産後は「新しい役割を獲得する」という大きな変化も見逃せません。それまでの「妻」「嫁」という役割に加えて「母親」という役割を獲得しなければなりません。

     

    同時に、夫婦だけの生活から、お子さんを迎えた生活へと、生活も大きく変化します。

    特に、小さい子どもの世話をした経験のない方、それまで社会でバリバリ働いていた方などは、思い通りにならない赤ちゃんを目の前に「どうしてよいかわからない」と感じることは、想像に難くありません。

     

    産後ママは、私たちの想像以上に心身や周りの環境の劇的な変化にさらされる-だからこそ、産後ケアリスト®が必要なのです。

     

    とはいえ、一概に「産後ママがさらされる変化」といっても、人によって様々であることは皆さんもご承知の通りかと思います。

    どのような要因が産後ママの変化の影響するのか、その要因は大きく3つに分けることができるとされています。

    詳しくは、次回以降にお話しいたします。

     

    ※なお、これまでお話してきた産後ママの心身や新しい役割の獲得、生活の変化についてさらに深く学びたい方は、産後ケアリスト®認定講座の受講をお勧めいたします。

     

     

    <8月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>

    ■産後ケアリスト®2級認定講座

    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催

    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催

    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催

    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編

    ・産後ケアと産後ケアリスト

    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場

    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況

    ・産後ケアリストの業務に実例

    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)

    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)

    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座

    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催(募集〆切8/25金)

    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)

    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

    2018年1/27(土)10:00〜17:00 協会赤坂見附校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編

    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)

    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み

    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。

    産後ケアリスト®講座

  • 2017.8.23 お知らせ
  • 【産後ママがさらされる、様々な「からだ」の変化】

     

    分娩後の産後ママがさらされる、急激なホルモンの変化。
    これは、産後ママの「心」だけでなく「からだ」にも大きな変化を与えます。
    劇的なホルモンの変化によって、産後ママの体には大きく2つの変化があります。

     

    1つ目は、子宮が妊娠前に戻る変化です。これを子宮の退行性変化あるいは復古といいます。
    2つ目は、乳房の変化です。妊娠中から少しずつ変化をして、産後は母乳をわが子にあげるためにさらに大きく、重くなっていきます。
    この変化を、進行性変化ともいいます。

     

    子宮を元に戻すためのホルモンと母乳を出すのは「オキシトシン」というホルモンです。(そのため、子どもに母乳を飲んでもらうと子宮が小さくなる、ということになります)
    そのため、これら2つはホルモンにより起こる変化といえます。

     

    産後ママが直面する「からだ」の変化は、ホルモンによるものだけではありません。
    全身の、いわゆるマイナートラブルにも見舞われます。
    出産により産後ママの体は、頭から足まで、本当に全身ボロボロになっています。
    母乳をあげている間は、栄養が母乳にとられるために、抜け毛が起こります。
    また、肩こりや腰痛、赤ちゃんを抱っこすることによる腱鞘炎は、約半数の産後ママが経験しています。
    尿漏れや便秘、痔なども30%程度の方に起こるといわれています。産後ママの3人に1人が経験する、といわれると、決して少なくない数字ですよね。

     

    産後ママの心身の変化については、産後ケアリスト®認定講座では、さらに掘り下げて学びます。

     

    <8月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催(募集〆切8/25金)
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校
    2018年1/27(土)10:00〜17:00 協会赤坂見附校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.8.9 お知らせ
  • 【産後ママがさらされる、短い期間での急激なホルモンの変化-心の変化-】

     

    分娩後の産後ママは、様々な変化が一気に起こるため、様々な心理的・社会的ストレスに直面します。
    大きな変化の1つは、急激なホルモンの変化による心身の変化です。
    今日は、急激なホルモンの変化による「心」の変化について少し詳しくお話いたします。

     

    女性の一生で、ホルモンの影響を受ける時期は大きく3つある、といわれています。
    1つめは思春期。おおよそ10歳から18歳くらいの、いわゆる第二次性徴期です。
    おおよそ8年くらいあり、子どもから大人へ心身ともに変化し、大人への第一歩を踏み出すときです。皆さんも経験されたと思いますが、反抗期でもありますね。

     

    2つめは更年期。更年期は閉経の前後5年程度と定義されており、10年くらいあります。この時期も、心身ともに変化します。
    不定愁訴といわれてしまう「更年期障害」や「空の巣症候群」などといわれるものも、この時期に起こりやすいとされています。いずれも、8年から10年という年月をかけた変化です。

     

    そして妊娠・出産・産褥期です。
    妊娠期間は10ヶ月、出産は個人差がありますが、初産婦さんで半日程度、産褥期はおよそ6から8週間です。
    この時期は、思春期や更年期に比べてかなり短く、この間に起きるホルモンの変化も劇的です。
    たとえば、マタニティブルーズは30%から50%、産後うつは13%の女性が経験するといわれています。一般成人のいわゆる「うつ病」は9%といわれていることを考えると、その割合より多いことがわかります。

     

    急激なホルモンの変化は、心だけでなく、体にも大きな変化を起こします。次回は体の変化についてお話いたします。
    なお、産後ママの心身の変化について、産後ケアリスト®認定講座では、さらに掘り下げて学びます。

    ※8/16(水)の「最新NEWS」の更新は、夏休みのためお休みです。次回更新は8/23(水)の予定です。

     

    <8月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

  • 2017.8.7 お知らせ
  • 8月1日厚生労働省から、産前産後サポート事業、産後ケアガイドラインが発表されました。
    このガイドラインを読み解くポイントをみなさんにお知らせいたします。
    特にご利用者の皆様に幅広くご理解いただき、一人でも多くの産後ママに産後ケアを受けていただければと願っています。

    *産前産後サポート事業
    ①対象者に「障害児または病児を抱える妊婦」が加わりました。
    ②実施担当者に「管理栄養士」が加わりました。

    *産後ケア事業
    ①サービス対象として除外者の箇所は「母親に入院加療が必要ある者」に限定されました。
    そして心身の不調や疾患があり、医療介入が必要な場合でも医師の判断によっては認められるということになりました。 また実施担当者に管理栄養士が加わりました。
    ②宿泊型の事業内容では「市区町村の判断により父親、兄姉等の利用者の家族を同伴させることができる。」となりました。
    ③実施場所についてはP15に具体的に書き加えられております。すなわち産後ケアセンターは、助産所型(10床未満)では旅館業法の適用除外、旅館業型では10床以上にすることが可能、市区町村独自基準型では10床以上にすることが可能、ただし独自の基準が必要で旅館業法の適用除外となります。
    一部の法律は適用除外にならない。
    ④産後ケア等サービスに係わる利用料は、保健事業として健保・国保の補助を実施することが可能。
    ただし利用者は健保組合等に実施状況を確認するよう伝えることとなります。
    ⑤実施者に対する研修で専門職である管理栄養士が加わりました。

    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172988.html

     

     

  • 2017.8.2 お知らせ
  • 【だから重要なのです!―現代の産後ママが抱える不安に対処する「産後ケアリスト®」】

     

    産後ママのサポートのプロフェッショナル、産後ケアリスト®。
    一昔前までは耳なじみのない方がほとんどだったかと思いますが、近年、その必要性や重要性に注目が集まっています。
    なぜ今、産後ケアリストが必要なのでしょうか。

     

    分娩後の産後ママには、急激なホルモンの変化によるからだの変化、人間関係の変化が一気に起こります。同時に、初めての育児や母親としての役割に不安や焦りを覚え、様々な心理的・社会的ストレスに直面することになり、精神的に追い詰められてしまう人も少なくありません。

     

    特に現在の日本では、核家族の増加や地域社会からの孤立により、子育てについて相談できる人が身近にいないなどの状況があります。
    そのため、子育ては母親として重要な役割だと理解していても、様々な負担や不安、苛立ちを感じる母親が増えてきているのです。

     

    産後ケアリスト®は、産後ママが家庭生活において体調を順調に回復できるように、生活のあり方やセルフケアの仕方、家族の協力体制などについて、具体的にアドバイスをしたり、悩みを解決する役割を担う専門家です。
    産後ママが再就労を望む場合は、目的に向けて必要な心身の準備や社会的資源の情報提供、育児との両立に向けた生活へのアドバイスやサポートも行います。

     

    つまり、産後ケアリスト®は、今の産後ママが抱える不安やストレスに対処するプロフェッショナルであり、その役割が注目されているのです。

    産後ケアリスト®になるためには、産後ケアリスト®認定講座を受講いただき、産後ママをサポートするためのあらゆる知識やスキルを学びます。認定講座のスケジュールは次の通りです。

     

    <8月以降の産後ケアリスト認定講座スケジュール>
    ■産後ケアリスト®2級認定講座
    8/6(日) 10:00〜16:00 名古屋駅前校(提携校ヒューマン)
    9/24(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    10/22(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会赤坂見附校 協会主催
    11/19(日) 10:00〜16:00 協会大阪校 協会主催★NEW★

     

    ※1日4時間の入門編
    ・産後ケアと産後ケアリスト
    ・産後ケアリストの必要性と活躍の場
    ・ママサポートと育児に関連した社会の状況
    ・産後ケアリストの業務に実例
    ・コミュニケーション学(基本編)

     

    (受講料)
    30,000円(別途、テキスト代4,000円、認定試験料10,000円必要)
    ※認定試験合格された方は、認定料(8,640円)、協会入会金(5,400円)年会費(10,800円)が別途必要となりますので、ご了解のうえお申し込みください。

     

    ■産後ケアリスト®1級認定講座
    9/10(日)10:00〜17:00 協会大阪校 協会主催
    9/23(土) 10:00〜17:00 協会赤坂見付校 協会主催(満席につきキャンセルのみ受付中)
    2018年1/21(土) 10:00〜17:00 名古屋駅前校

     

    ※1日6時間×7日間(7日目は認定試験と面談)の実践編
    ・毎週土日曜日、講義時間/10〜17時(お昼休憩1時間含む)

     

    (受講料)
    172,000円(別途、テキスト代6,000円、認定試験料12,000円必要)

     

    ■お申込み
    お電話03-6272-3542(平日11〜17時)または、メールで名前・住所・電話番号・メールアドレスをjimukyoku@sango-care.jpまでお知らせください。

     

    カリキュラムの詳細は協会HPをご覧ください。
    http://sango-care.jp/school.html

1 / 1912345...10...最後 »