HOME > 最新NEWS

最新NEWS

  • 2017.3.8 お知らせ
  • 【認定講座開講のお知らせ 名古屋駅前校5月】

    名古屋駅前校での5月の開催日は21日(日)です。
    認定講座詳細ははこちら。

  • 2017.2.22 お知らせ
  • 全国津々浦々、北海道から沖縄まで、すでに多くの産後ケアリストが誕生し、産後ママをサポートすべく地域に密着した活動をしています。
    今月から月1回の定期便で、そんな活躍中の産後ケアリストからのレポートをお届けしますね。

    トップバッターは名古屋駅前校第1期卒業生の貞方智子さんからのレポートです〜♬

    レポートを読んで産後ケアリストに興味を持っていただけたら幸いです。

    【産後ケアリストレポート(貞方智子編)】

    みなさん、こんにちは。

    私は、愛知県春日井在住の産後ケアリスト貞方智子です。
    産後ケアリストとしての活躍状況をみなさんにお伝えするべく、
    1ヶ月に1回、これから情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

    それではまず第1回目ということで自己紹介から!

    私には、子供が4人います。
    長男 30才 1360gm(低体重児)
    次男 28才 2350gm
    長女 23才 2650gm
    干支が1回り+1年
    (笑) 13年空いて 
    三男 10才 2850gm

    私は、元々、5人子供を年子で出産したかったのですが、
    流産が重なりなかなか自分の思う様にはいきませんでした。
    病院の先生に相談をし、様々なアドバイスや手段を使い、
    ようやく妊娠へとたどり着きました。

    えっ 
    念願の妊娠~(*^.^*)
    しかし、同時に なんと子宮頸がん発覚。
    腎臓内科の先生は 「高齢だし~、貞方さんに負担がかかり過ぎ 心配です。出産は諦めてほしい!」 
    でも、産婦人科の先生は 
    「がんを見付けてくれた救世主だから当然出産するよね~ 
    本当だったら、出来にくいあなたに赤ちゃんが授かった~、
    奇跡だよ~!
    死んでたかもしれないんだよ!」
    と。
    「言われなくても、迷うことなく私は、産みたい!」

    私は意思を貫き出産に。
    そして無事に産み終え、子宮の収縮を待ち、家族や周囲の助けを受けながら子宮の摘出オペを!
    おかげさまで大成功で、再発も無く、死に繋がる事なく今も生きています。

    その後はご縁があった名古屋市大手総合病院の産婦人科病棟保育staffとして勤務をしました。
     
    現場では 日々、無(死)くなる子供も居れば、里親に出される子供も。
    低年齢の出産の為に親にも認められず困り果てている御家庭など、
    本当にさまざまです。
    自分が、いかに幸せか犇々と感じたものです。

    そして現場で働く、助産師さんや看護師さん達のおもてなしの心意気、
    患者さんへの共感、寄り添い、励まし、傾聴し、
    命の大切さを暖かな眼差しと心で見守り、
    まさに「尊敬」の一言です。

    そして自分を振り返ってみたときに感じたこと。
    それは、

    「私は、子供に救われた命であること。
    ならば子供が幸せに暮らせる社会を作りたい。
    何がしてあげれるのだろうか?」

    「救うことは出来ないかもしれないけれど、応援なら私でも何かできるはず!」

    こんなことをつらつら考えているときに出会ったのが、
    産後ケアリストというお仕事でした。

    講座の内容を調べてみると、 
    まさしく私が求めていた資格で・・・テンション上がりました︎ 
    もちろんすぐに受講を決意!!
    参加して思わぬプレゼントだったことは、
    産後ケアを通じて多くの受講生とたちと繋がれたこと。
    志も高く、共感し合える前向きな仲間との出逢いに「縁」って素晴らしいな~、と改めて感動。

    では、第2回目をお楽しみに~。

    20170222産後ケアリストレポート1

    一般社団法人日本産後ケア協会 
    産後ケアリスト貞方智子

  • 2016.12.6 お知らせ
  • 【年末年始休暇のお知らせ】

    誠に勝手ながら協会は下記日程にて冬季季休暇とさせていただきます。
    12月23日(金)〜1月5日(木)
    皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

  • 2016.11.30 お知らせ
  • 【新規事業のお知らせ】2017年1月、日本ママ起業家大学との共働により「産後ケアリスト起業塾を開講します。

              日本産後ケア協会 日本ママ起業家大学
              産後&子育て事業に特化した起業塾
             「産後ケアリスト起業塾」開講のご案内

    〜日本産後ケア協会は日本ママ起業家大学との共働により2017年1月から「産後ケアリスト起業塾」を開講〜

    日本産後ケア協会は2014年から産後ママをサポートする産後ケアリストの育成事業を開始。
    産後ケアに関して学術的・体系的に学べる日本で初の実講座として多くのみなさまから関心をお寄せいただき、北は札幌から、南は沖縄まで、受講生数は全国で述べ700名を越えました。
    講師としてご協力いただいた講師陣も60名にのぼり、大学で産後ケアを研究している教授や看護学部でコミュニケーション学を教えている先生。東京、名古屋、大阪、福岡を中心とした多くの医療機関の看護師・助産師の方々、そして地域密着型の助産院院長、全国の栄養士会など、各講師それぞれの立場から見えてくる産後ママの問題点や解決方法などを独自の視点で講義を開催してきました。

    多くの卒業生が誕生した今、協会の次なるビジョンは、多くの悩みやストレスを抱えながら頑張り過ぎる産後&子育てママの「困っていること・悩んでいること・やりたくないこと」は、「人に任せる・頼る・サービスを受けられる社会の実現」をめざすこと。

    2017年はまずその第一歩として、すでに多くのママ起業家を輩出している日本ママ起業家大学との共働により「産後ケアリスト起業塾」を開講いたします。
    この起業塾は、産後&子育てママを対象とした事業化を目指す方たちを受講対象としたものであり、同時に起業家自身の幸せも追求できるようにすること、「家庭と仕事、夢と収入、そのどちらも大切」。それが大きな目標であり合言葉です。

    日本では、未だ、産後&子育てママを支援する専門家が圧倒的に不足しています。助産師や保健師、行政サービスだけでは手薄なのが現状です。民間資格である「産後ケアリスト」だからこそ、できることがあります。
    私たちは、子育て関連のサービスが、街にあふれ、社会にあふれ、日本からこぼれ落ちるさまを見ることができる日まで前進し続けます。
    一緒に夢を追うことができる起業家を募集します!

    一般社団法人 日本産後ケア協会
    代表理事 大久保ともみ

     
    【産後ケアリスト起業塾 募集要項】

    資格は取ったけれども、どのように独立し、ビジネスにしていけば良いのか?その方法がわからず、宝の持ち腐れになっている産後ケアリストや、マネタイズできない方のための実践を交えながら起業ノウハウを身につけていただくのが本講座の目的です。
    既存の“拡大することだけがゴール”ではなく、自分にとって幸せだと感じるビジネスサイズ、収益モデル、時間、場所を大切にしたビジネスのカタチを作っていきます。
    また、ビジネスコンセプト、マーケティング、セルフプロモーションまで再現性の高いコンテンツを提供。独立開業に必要不可欠なファイナンスや事務的な手続きを学んだ上で、最終的には「これからの一歩」が明確になる「ビジネスプラン」を作成することがゴールとなります。

    また、受講後ご希望の方には、個別コンサルや事業プロデュース(ともに有料)のサービスも行っていきます。

    ■こんな方に
    ・子育て世帯限定の在宅訪問事業を立ち上げたい
    ・地域に根ざした子育てセミナーの講師をめざしたい
    ・自宅の一部を開放してママたちが集まれる場の提供をしたい
    ・産後ケアセンターの開業をめざしたい
    ・産後ママが楽しく育児ができるようなママ向けグッズの商品開発や販売もしたい
    ・数人の仲間と一緒に、子育て関連のNPO法人を設立したい

    ■カリキュラム内容(全10回)
    1 ビジョンと自分のビジネス規模の見極め
    2 ママ起業に必要なマーケティングの基本
    3 プレゼンテーション〜フィードバック
    4 「メディア化」の本質論理解情報発信企画
    5 プロデュースの考え方と専門家の役割、キャスティングノウハウ
    6 プレゼンテーション〜フィードバック
    7 起業マネジメント技術(時間+人+お金)
    8 集客計画と情報発信メディアの制作
    9 プレゼンテーションと営業
    10 集大成のプレゼンテーション〜最終フィードバック

    ■産後ケアリスト起業塾 第1期スケジュール(2017年)
    ・毎週土曜日13〜17時
      1/21,28 2/4,18,25 3/4,11,25 4/1,8

    ■参加対象
    ・日本産後ケア協会の正会員、準会員
    ・一般の方(但し、産後ケアリスト認定講座2級及び1級の受講をしていただきます)

    ■場所
    赤坂見附校(赤坂見附駅徒歩5分/詳細は申込み後にお知らせ)

    ■受講料
    17万円(消費税別途)

    ■講師陣
    ♥近藤洋子(日本ママ起業家大学 学長)     ♣富田剛史(トミタプロデュース 代表)

    %e8%bf%91%e8%97%a4%e6%b4%8b%e5%ad%90           %e8%b5%b7%e6%a5%ad%e5%a1%be%e3%80%80%e5%af%8c%e7%94%b0


      

    ■お問合せ・申込方法
    ・名前
    ・住所
    ・電話番号
    ・メールアドレス
    ・協会会員の方は会員番号
    以上の情報を協会事務局/木本までメール(juri.kimoto@sango-care.jp)またはお電話(03-6272-3542/月〜金11〜17時受付)にてお知らせください。
    お申し込みされた方には、受講料の振込み先情報などをご連絡させていただきます。

    ■募集締切り
    2017年1月10日(火)
    *但し最低遂行人数に達しなかった場合には不開講となります。

    ■注意事項
    ・産後ケアリスト準会員(2級のみ受講の方)には受講制限等があります。
    ・一般の方(産後ケアリスト認定講座2級及び1級の未受講者)は、産後ケアリスト認定講座の2級及び1級講座を受講していただくことが条件となります。(受講料割引制度あり)
    詳細は事務局/木本までお問い合わせください。

    一般社団法人日本産後ケア協会
    東京都千代田区紀尾井町4-1−3F
    事務局/木本
    juri.kimoto@sango-care.jp

  • 2016.10.8 お知らせ
  • 【正会員限定!特別講座のご案内】

    11月16日(日)、赤坂見附校にて二つの講座が開講されます。

    その1.
    〜ママも赤ちゃんも楽しい食事でにっこり♥ほっこり〜

    「食事や栄養についてもっと深い知識を得て、情報提供や家事支援ができるようになりたい!!!」という会員からの要望にお応えして、1級認定講座第5章「食事と栄養」の特別講座を企画しました。

    食事作りのポイントや離乳食の進め方などの学習だけにとどまらず、ベビーフードや防災時の知識、産後の体型を戻す食事のポイントなどについてもしっかりと学べる講座となっています。
    「食」についてもっと深く学んでみたい方、ぜひご参加を♪

    ■ 講義内容
    ・離乳食を感覚で覚える
    ・離乳食の衛生面について(冷凍保存の知識)
    ・ベビーフード、防災のこと
    ・母乳に良い食事
    ・時短料理
    ・産後正しく体型を戻す食事のポイント
    ・産後ママが気になること
    ・筋肉量のおはなし
    など。

    *****************************
    参加対象者:正会員限定
    開催日時:11月6日(日)10〜12時
    講師:伊藤紀子(日本産後ケア協会講師/管理栄養士・保健所離乳食相談や糖尿クリニック相談員として活躍中)
    開催場所:赤坂見附校
    受講料:7,000円(消費税込)尚、定員に満たなかった場合には不開講となり、その際には全額返金いたします。

    申込方法:
    1、メールにて申込み:件名を【「栄養と食事」特別講座 申込み】として会員番号・お名前・電話番号・メールアドレスを事務局jimukyoku@sango-care.jpまでメールにてお知らせください。
    2、受講料の振込み:三菱東京UFJ銀行/自由が丘支店/普通0133501/一般社団法人日本産後ケア協会まで、7,000円(消費税込)をお振り込みください。
    上記1+2の確認を以て、先着順でのお席の確保となります。

    ◆メールでのお申込み及び受講料お振込み期限:10月20日(木)
    お問合せは協会事務局/木本 jimukyoku@sango-care.jp までご連絡ください。


    2016-10-16%e7%89%b9%e5%88%a5%e8%ac%9b%e5%ba%a7

    その2.
    〜実践編!産後ママの悩みにはこう応えよう!〜

    産後ケアリストは在宅訪問やママ向けセミナーの開催時に、産後ママからさまざまな悩みや相談を受けることが多いでしょう。
    そのような時、産後ケアリストとしてどのような対応をしたらよいのか悩んでいませんか?!

    今回の特別講座では、産後ママ悩みベスト3、祖父母との関係や夫との悩みにどう対応するかなど、横浜市嘱託助産師として在宅訪問を中心に助産師活動をされている白井純子さんが豊富な事例をもとに講義いたします。

    産後ママの悩みの対応に困っている産後ケアリストの方々、ぜひともご参加ください。
    貴重な特別講座です!

    ■ 講義内容

    ・産後自宅で過ごしているママはどんな思い?
    ・多い相談はどんなこと?
    母乳不足感
    赤ちゃんの体の相談(湿疹、あざ、おむつかぶれ等)
    上の子の赤ちゃんがえり、赤ちゃんの生活リズムは?
    ・家族の悩みごとが大きなストレスになることも
    祖父母との関係
    夫との関係
    ・産後疲れ、育児疲れ、産後うつ

    *********************************

    参加対象者:正会員限定
    開催日時:11月6日(日)13〜16時
    講師:白井純子(日本産後ケア協会講師/助産師・横浜市港北区嘱託助産師)
    開催場所:赤坂見附校
    受講料:7,560円(消費税込)尚、定員に満たなかった場合には不開講となり、その際には全額返金いたします。

    申込方法:
    1、メールにて申込み:件名を【実践編特別講座 申込み】として会員番号・お名前・電話番号・メールアドレスを事務局jimukyoku@sango-care.jpまでメールにてお知らせください。
    2、受講料の振込み:三菱東京UFJ銀行/自由が丘支店/普通0133501/一般社団法人日本産後ケア協会まで、7,560円(消費税込)をお振り込みください。
    上記1+2の確認を以て、先着順でのお席の確保となります。
    ◆メールでのお申込み及び受講料お振込み期限:10月20日(木)
    お問合せは協会事務局/木本 jimukyoku@sango-care.jp までご連絡ください。

  • 2016.9.12 お知らせ
  • 【会員限定イベント 先輩産後ケアリストから学ぼう@名古屋座談会 開催報告】

    すでに活動を始めている産後ケアリスト3名を囲んでの座談会が昨日名古屋で開催されました。

    子育て関連の団体を立ち上げ1年目の笠松さん。
    おじいちゃんを対象にしたニッチな!でも斬新な!「育ジイ講座」を始めた井上さん。
    そしてそして、産後ママ宅への在宅訪問をスタートさせた近藤さん。
    みなそれぞれの得意分野で産後ケアリストの立ち位置をしっかりと見据えて、活躍しています。

    男性産後ケアリスト第1号の山下さんは、お姉様方からいじられてちょっとタジタジ(笑)でしたが、今回参加していただいた産後ケアリストのみなさんが充実した時間を過ごしていることは、この笑顔が証明しているように感じた1日でした♪

    2016-9-12%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a

  • 2016.9.2 お知らせ
  • 【東北地方で初の男性産後ケアリストが誕生!】

    この度、花巻市議会議員の高橋修議員が産後ケアリスト2級に合格しました。

    議員活動を通じて、ママたちを取り巻くストレスフルな現状を肌で感じた高橋さんは、お忙しい中週末、協会主催(赤坂)の認定講座を受講し見事合格。
    岩手県では第一号、
    そして男性としては東北初の男性ケアリストとなりました。
    議員としてママ達の厳しい子育て環境を改善するため、パパとして一番身近なママを支えるため、「産後ケアリストの必要性」を強く感じておられます。

    「まずは自分自身が先頭に立って産後ケアリストとなり、全国に『産後ケアリスト』の資格者が増え、各自治体における『子育て支援』の一助となる」
    このような思いが広がって行くことを願います。
    小石は東北にも投げられ、これからの波紋にワクワクです。

  • 2016.9.2 お知らせ
  • 【10月1日(土)開講の「産後ケアリスト1級認定講座」は、満席につき募集を終了しました。】

    次回の1級認定講座は、来年1月に開講予定です。
    日程など詳細が決定しましたら、改めてみなさんにお知らせいたします。

  • 2016.8.9 海外情報
  • 【アメリカ西海岸産後ケアレポート 村田友紀からの現地報告7】アップしました。

    今回は村田レポーターのお子様がアメリカでスピーチセラピーを受けたことについてのレポートです。
    お子様にとって日系幼稚園、現地の幼稚園、どちらがその子に合うかを見極めるのも海外で子育てをするママにとっては悩ましいところです。

    現地報告7はこちら。

  • 2016.7.25 お知らせ
  • 【夏季休暇のお知らせ】

    誠に勝手ながら協会は下記日程にて夏季休暇とさせていただきます。
    8月11日(木)〜17日(水)
    皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。