HOME > 産後ケアとは

産後ケアとは

日本産後ケア協会が提案する「産後ケアシステム」とは?

産後ケアシステムによる継続ケアの意義

「産後ケアシステム」は、ケアの対象を「子どもの母親」としてではなく、「ひとりの女性」として受け止めることから
始まります。産前から産後へと変わる女性のこころと体、そして環境の変化も女性には大きな負荷がかかります。
そんな人生の節目にある女性に寄り添い、各専門的な知識と経験で支え、包括的にサポートするのが産後ケアリスト®です。その深いつながりは、産前産後だけでなく、その後の育児・子育て卒業まで長期に渡って継続することが可能であり、女性にとっては、心身の健康を保つうえでの良きアドバイザーを得る機会であるとも言えます。
そして子育てが一段落した女性が、今度は産後ケアリスト®としてサポートする立場になることもできます。
それが「産後ケアシステム」です。

女性のライフステージと産後ケアリストによる継続ケア

日本産後ケア協会が考える産後ママへのサポート

日本産後ケア協会が考える産後ママへのサポート
赤ちゃんの寝つきが悪く、夜もゆっくり眠れない。
腰痛や肩こり、そしてなかなか元に戻らない体型が心配。
話し相手もいない引きこもり状態の毎日にもんもん。
このような産後の大変な時期、自分の体よりも赤ちゃんを優先してしまうのは仕方のないこと。
でもママ自身が心身ともに健康であることは、赤ちゃんや夫への愛情のひとつ。
家族みんなの幸せのためにも、女性のこころと体のケア、そして子育て環境も含めた産後の女性への包括的なケアが必要です。

日本産後ケア協会が考える産後ケアに重要な3つの要素とは?

日本産後ケア協会が考える産後ケアに重要な3つの要素とは?
「心身へのケア」「学び」「環境」の3つ要素が重要と考えます。それと並行して産後ママを支えるために日本産後ケア協会として、次のような幅広い支援体制を推し進めていきます。

■産後ケアに対する理解や必要性を社会に求める活動
■産後ケア先進国からの情報提供
■女性の社会進出への支援
■ワークライフバランスの実現
■地域の人と人とのつながりを再びつくり出すような新たな育児支援体制への協力

女性の負担を軽減し、子育てにガマンをしなくていい環境をつくり出し、より楽しく有意義な子育てができる社会をつくり出す。そのために、日本産後ケア協会でできることをとことん追求し、ひとりでも多くの産後ママをサポートしていきたいと考えています。
すべては、これからの赤ちゃんとの日々を心から楽しめるように。
  • 産後ケアセンターとは

    産後ママのこころと体をケア

    出産後、赤ちゃんと一緒に過ごす
    ことができる宿泊型ケア施設の
    ことです。
    助産師さんが24時間体制でママ
    と赤ちゃんをサポート。
    こころと体のさまざまなケアを
    受けることができます。

  • 産後ケアリストTMとは

    産後ママの生活に寄り添うサポーター

    産後ママのこころと体、子育て
    環境を整えるノウハウ提供など、
    多方面から女性を支える新たな
    専門職。出産や子育てを通して
    得られた自分自身の経験を社会に
    還元できる仕事です。