個別のニーズに合わせて変化を続ける!
活躍する産後ケアリスト

働くカタチは無限大

産後ケアリストの活躍の仕方は100人いれば100通り!

たとえば産後ケアを本業とする方でも、起業する、医療機関の中で産後ケアを担う、
ママズヘブンや派遣会社に登録して産後ケアの専門職で活躍するなど、
さまざまな働き方で子育て家族をサポートしています。

また、すでに医療資格を持っている方や、医療資格以外の他の資格を持つ方々も、
産後ケアリストの資格を得てキャリアアップを実現したり、仕事の幅を広げています。

“今までできなかったこと” ができるようになり、
子育て家族の喜びと共に進化を続ける産後ケアリストたちをご紹介します。

自分なりの働き方独立・起業×産後ケアリスト

自分のライフスタイルに合わせて働く、自分の目指す産後ケアを実現させる―独立・起業した方だからこそ、働き方の可能性は無限大に広がります。

  • 山田啓子

    私なりの産後ケアのカタチは
    「家族が協力して産後を乗り切る」ためのお手伝い

    産後ケアリスト1級/With Mammy 代表

    山田啓子さん

    地域神奈川県

    産後ケアリストの資格を取得後に始めた産前産後ママ専用の家事代行サービスで、様々なご家庭を訪問する中で「もっと家族の協力があれば、ママはこんなに追い詰められなかった」ことに気づきました。
    「ママが追い詰められる前のサポート」として始めたのが両親学級です。産後のリアルな状況を学び、コミュニケーションの取り方をワーク形式で行うなどの実践的なセミナーでは「知らなかったらママを追い詰めていた!」というパパの感想が集まりました。
    家族が協力して産後を乗り切るためのお手伝いは、私なりの産後ケアのカタチ。今はセミナーと家事代行の両輪でママたちをサポートしています。

  • 城間智子

    産前産後の大切な時期をサポート!
    ママの口コミで広がる仕事にやりがい

    産後ケアリスト1級/Fiolux 代表

    城間智子さん

    地域東京都

    以前は産後ヘルパーとして勤務していましたが、より深く産後ケアを学び独立するために産後ケアリスト認定講座を受講しました。講座ではママとのコミュニケーションや食事のバランスの大切さなど、ママの困りごとや要望を学び、よりきめ細かなサービスが提供できるようになりました。
    産後ケアリストとして「子育ての第一歩である産後を快適に過ごしていただき、お母さん自身が子育ての楽しさを実感できるお手伝い」をめざしています。サービスを利用されたママがお友達のママをご紹介くださったり、第一子でお伺いしたお宅にごきょうだいが生まれてお伺いすることも多く、やりがいを感じます。

戦略的人財医療機関×産後ケアリスト

「産後ケアサービス」の有無は産院選びのポイントになりつつあります。質の高い産後ケアサービスを提供できる産後ケアリストは「他院との差別化を図る産婦人科医院」には絶対に必要な人財です。

  • 川村美星

    産後ケアリストと医療関係者が
    チームでママをきめ細かくサポート

    産後ケアリスト1級/医療法人仁愛会川村産婦人科 産後ケアセンター長

    川村美星さん

    地域京都府

    私は産後ケアリストとして面談を通じて年間約400人の妊産婦さんと接していますが、その悩みは育児のちょっとした疑問から「産後うつ」といえる深刻なものまで多岐にわたります。私共の産後ケアセンターは産婦人科に併設しており、医師、助産師、産後ケアリストがチームとなって、ママの不安を軽減できるようしています。また行政とも提携し、妊娠~出産~育児と切れ目のない支援を目指しています。
    合言葉は「ママがハッピーならベビーも幸せ!」
    ママの笑顔を見ると産後ケアリストとしての仕事に日々やりがいを感じています。

  • 橋本慶子

    医療事務で経験した“ママの涙”
    産後ケアリストで“ママの笑顔” を作るお手伝い

    産後ケアリスト1級/Wクリニックフォーマザーズ幕張 事務

    橋本慶子さん

    地域千葉県

    産婦人科で医療事務の仕事をしていると、退院時の会計のために病室を訪ねることがあります。その時、涙を流しているママや不安そうなママが多いことに驚き「ママをサポートする専門知識」を学びたいと思いました。
    産後ケアリスト認定講座は、赤ちゃんのお世話だけではなく、ママの悩みや不安を掘り下げて学べるため私のニーズにピッタリでした。
    現在、院内での産後ケアリストと事務職を兼務し、これまで1200人以上のママをカウンセリングしてきました。今後はこのカウセリングの経験を活かして、引き続きママの笑顔を作り出すお手伝いをしていきたいと思っています。

新しい働き方派遣会社×産後ケアリスト

シッター派遣会社から派遣される産後ケアリストは、その専門性の高さからバツグンの指名率を誇ります。また、日本産後ケア協会が運営する産後ケアサービス専門サイト「MAMA’S HEAVEN(ママズヘブン)」に登録し、産後ケアリストとして活躍する方も多数在籍しています。

  • 荒牧由紀子

    4人の子どものワンオペ育児経験者だからこそ叶えたい夢
    「子育ては楽しかった」という想い出づくりのお手伝い

    産後ケアリスト1級

    荒牧由紀子さん

    地域神奈川県

    「子育てはママがやらなきゃ!」と思い込んで頑張り過ぎるママをサポートして「子育ては楽しかった」という想い出を作ってもらいたい。
    それは、いわゆる「ワンオペ育児」で4人の子どもを育て、心身ともに余裕のない子育てをしていた私が叶えたい夢です。
    産後ケアリスト認定講座では、産後ママの心身の状態と生活や育児への影響、ママに伝える技術など、私がやりたいことの基礎を論理的に学べました。
    3年前に自治体の委託を受けた産後ヘルパーとして家庭訪問をしたことがきっかけとなり、現在はマッチングサイトや口コミでのご依頼も増え、夢に向かって進んでいる!という手ごたえを感じています。

  • 和田聖子

    産後ケアサービス専門サイト「MAMA’S HEAVEN」で
    日本のママだけじゃなく!遠い国のママも幸せに!

    産後ケアリスト1級・助産師/Ate-Lu代表

    和田聖子さん

    地域茨城県

    私は茨城県牛久市で助産院「Ate-Lu」を開業し、地域の産前産後ママをサポートしていますが、MAMA’S HEAVENにも登録しています。MAMA’S HEAVENでは、なかなかご縁がない地域外のママも紹介していただけるので、クライアントの幅が広がっています。
    私が産後ケアリストになった理由の一つが、MAMA’S HEAVENの社会貢献の仕組み(産後ケアサービスを利用するごとに、200円を開発途上国の女性の妊婦健診や産後検診の費用として寄附する)に共感したからです。私の産後ケアサービスで、クライアントのママだけでなく遠い国のママも救える!!と思うと励みになりますね。

  • おのまさえ

    子育て家族の「スキマの悩み」に
    応えられるのが産後ケアリスト

    産後ケアリスト1級

    おのまさえさん

    地域東京都

    以前、事務職で務めていた皮膚科クリニックで、ママたちから「赤ちゃんの寝つきが悪い」「抱っこ紐のかけ方がわからない」など様々な相談を受けました。
    医療的な問題ではないけれどママにとって切実な悩み=「スキマの悩み」は広範囲に存在するものの、相談先がわからない方が多い現実に触れて、産後ケアリストになることを決意しました。
    現在は、ベビーシッター派遣会社と業務委託契約をし、各家庭への訪問をメインに行っていますが、独立した産後ケアリストとしても活動しており「せたがや子育て利用券」のサービス提供事業者でもあります。産後ケアのニーズは確実に高まっていると感じています。

専門性を極める医療資格×産後ケアリスト

子育て家族にもっと寄り添いたい―本気で産後ケアを志す医療関係者の皆さんは、産後ケアリストの資格を取得し、ご自身が持つ医療的スキルをさらに活かした活躍をしています。

  • 山根千幸

    「医療的知識」と「コミュニケーションスキル」
    同等に必要なのは助産師の一言に“重み”があるから

    産後ケアリスト1級・助産師

    山根千幸さん

    地域神奈川県

    産後ママは「助産師のアドバイスは守らなければ!」と、専門家の言葉を重く受け止めます。
    そのため、正しい医療的知識を伝えたいと思っても、誤解を与えるような言い方や、ママの状況を正確に把握できず間違った声かけをしてしまうと、専門家としての一言が逆にママを追い詰めてしまいがちです。コミュニケーションスキルは医療的知識と同等に必要だと感じていました。
    産後ママとのコミュニケーションを実践的に学べる産後ケアリスト認定講座は、そんな私のニーズにピッタリでした。
    最近は、ママの気持ちに寄り添った臨機応変な声かけでママたちとの信頼関係が深まった手ごたえを感じ、産後ケアリストとして仕事をする喜びに繋がっています。

  • 菊地慶大

    産後ケアリストとして新たな視点 アドバイスの幅が広がる

    産後ケアリスト2級・理学療法士

    菊地慶大さん

    地域埼玉県

    低出生体重児や新生児仮死等で生まれた子どもに、姿勢や運動、哺乳支援などを行う新生児のリハビリテーションに興味を持ち理学療法士となった私は、ご両親と共にお子さまの発達に目を向けたケアを行っています。育児への不安が強いママだけではなく、パパの気持ちにも寄り添いやすいのは、男性の産後ケアリストのメリットです。
    産後ケアリスト認定講座では、産後ママに関する課題を幅広い視点から学び、医療的な観点だけではなく、行政サービス等の社会資源の利用で解決できる課題もあることに気づきました。新たな視点を得て、ご両親へのアドバイスの幅も大きく広がりました。

  • 佐々木千昭

    自分の選んだ道に後悔なし!
    県立病院を辞して選んだ「産後ケア」の仕事

    産後ケアリスト1級・助産師/黒川産婦人科医院

    佐々木千昭さん

    地域岩手県

    長年勤めた県立病院を退職したのは2018年。県内のハイリスク妊婦を受け入れ、赤ちゃんとママの命を守る仕事は尊いものでしたが、自分がやりたかった「産後ケア」まで手が回らないのも現実でした。
    「産後ケアを志すなら勉強になるよ!」と産後ケアリスト認定講座を勧めてくれたのは、知人の看護師です。講座では「医療的に正しいアドバイスをする」だけではなく「ママの考え方を受け入れて尊重することの大切さ」を具体的に学び、「自分なりの産後ケア」が明確になりました。
    現在は、産婦人科医院で念願の産前産後ケアを担当しています。ママたちの笑顔を見るたびに「私が選んだ道は正しかった!」と実感しています。

キャリアアップ国家資格×産後ケアリスト

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師、管理栄養士、保育士など―子育て家族をサポートする国家資格を持つ方は、産後ケアリスト資格を取得し、専門性をより高めてワンランク上のサービスを提供しています。

  • 利根貴志

    痛みのケアだけでなく夫婦の絆もケアしたい

    産後ケアリスト1級/治療院neutral鍼灸あん摩マッサージ指圧 院長

    利根貴志さん

    地域東京都

    妻の出産後「女性はこれほどまでにボロボロになって命を生み育てるのか…」と驚いたことが講座を受講したきっかけです。
    これまでの私の仕事は、国家資格を活かした身体のケア(整体や鍼灸治療)がメインでしたが、産後の心身について専門的に学んだことで、メンタルや夫婦関係などある意味で不調の根本原因にまでアプローチできるようになりました。
    産後は女性だけでなく、男性にとっても「孤育て」の時期。男性目線で、夫婦に寄り添える産後ケアリストになりたいと思います。

  • 竹内さやか

    産後ケアの志を持つ方との繋がりで仕事の幅が広がる

    産後ケアリスト1級・管理栄養士

    竹内さやかさん

    地域兵庫県

    産後ケアリスト・管理栄養士として独立後、産前産後ママの施術に力を入れている鍼灸整体院とご縁をいただき、離乳食や「食」に関するイベント開催のほか、施術を受けるママの付き添い、施術中のお子さまのお預かりなどを行っています。
    最近では私自身の業務であるお子さまのお世話などの訪問サポートや、離乳食相談のご紹介をお手伝いいただき仕事の幅を広げています。今後は「産後ママ」への理解を深めてもらうため、学生向けや鍼灸整体院・企業と協働でプレパパ向けセミナーを開催予定です。
    同じ志をもつ方との繋がりが持てたのは、産後ケアリスト資格のおかげですね。

  • 早﨑亜悠美

    自分なりの「産後ケア」が実践できたのは
    産後ケアリストの資格を取得したから

    産後ケアリスト1級・保育士

    早﨑亜悠美さん

    地域大阪府

    訪問看護ステーションで働く保育士の私は、精神的な病や障がいを持ちながらご自宅で過ごすママをケアする看護師の補佐として、お子さまのお世話や看護師の専門領域ではない「育児相談」などを受けていました。
    やりがいはありましたが、仕事をしていくうちに「誰かの補佐ではなく、自分が一人の専門家としてママをサポートしたい!」という思いが強くなりました。
    保育士の資格だけでは補佐役しかできませんが、産後ケアリスト資格を得て「産後ケアの専門家」として一人で利用者様宅への訪問が可能となりました。キャリアが大きく開け、自分なりの産後ケアができることに新たなやりがいと喜びを感じています。

事業を拡大する他業種×産後ケアリスト

産後ケアの知見を活かしママのニーズに応えて、同業他社とは一味違うサービスを展開。事業の拡大に産後ケアリストの資格を有効に使う方もいらっしゃいます。

  • 宮崎妃沙子

    産後ケアリストの資格で得た
    「信頼」と「ワンランク上の癒しスキル」

    産後ケアリスト1級/リラクゼーションサロンR'berry 代表

    宮崎妃沙子さん

    地域東京都

    当サロンは、日々の疲れと美容のトータルケアサロンとして、産前産後ママ向けのケアメニューを提供しています。そのため、産後ケアについてより深く専門的知識を得る必要性を感じ産後ケアリストの資格を取得しました。「産後ケアの専門家」の資格を得て、お客様からの信頼感は格段に上がりました。
    通常、サロンでは「アドバイスする」ことを重視しますが、産前産後ママの場合「あえてアドバイスせずママのお話しを聴いてお声がけする」ことが、ママの心のモヤモヤに対する何よりの癒しになることに気づきました。
    産後ケアリストとして学んだ「傾聴と共感」スキルで、ママたちにワンランク上の癒しをご提供しています。

  • 梶浦幸代

    認定講座を受講し明確になった
    「お客様も!働くママも!大切にするサロン」を目指して

    産後ケアリスト1級/リラクゼーションサロンMAAR 代表

    梶浦幸代さん

    地域香川県

    サロンに勤務していた頃、病院で出産したママのケアを行っていました。授乳や育児など様々な不安を抱えながらケアを受けるママたちを目の当たりにして「産後のママたちに癒しの時間を提供すること」が私の使命だと気づき、独立を機に産後ケアリスト認定講座を受講しました。
    当サロンでは、施術中に保育士がお子さまをお預かりしており、ママに大変ご好評いただいています。また、育児中のセラピストの採用にも積極的で「香川県働き方改革モデル企業」にも選ばれました。お客様も!働くママも!両者を大切にするというサロン経営の方向性は、改めて産後ケアを学んだことで明確になりました。

PAGE TOP